• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

SAPIXの7月組分けの社会を解いてみました(5・6年)

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生の勉強法 小学6年生の勉強法
SAPIXの7月組分けの社会を解いてみました(5・6年)

こんにちは。

SS-1の馬屋原です。

7/7は主に首都圏で
多くのテストが実施されました。

小5・小6の統一合判、合不合、
そして小5・小6のSAPIXの7月組分け......

授業の準備も兼ねて、
早速いくつか解いてみたのですが、
ひとまずSAPIXの小5の組分けは
非常に良いテストでした。

ほぼすべての問題が、
「入試で問われてもおかしくなさそう」
「入試で問われたときはぜひ正解させてほしい」
と感じられる問題でした。

「だから、現時点で解けていないとマズい」
というつもりはありません。

そうではなく、時間を割いて、
じっくり直す価値があると申し上げたいのです。

「2県をくっつけた上で県境を消した」
地図をヒントに解いていく大問1は、
都道府県の「形」の理解があやしい生徒は
戦うことすら許されなかったかもしれません。

ただ、都道府県の形を見極める力は、
入試本番では絶対に必要となる力です。

世界地理に関する問題や、
時事(NHKやキャッシュレス、再配達)などに
関する問題もありました。

これらもすべて、
可能であれば家で親御さんと一緒に
考えていただきたいレベルの問題でした。

解けた方が良い/解けなくても良いの見極めは
多分に主観が入るところですが、
私、たまたま昨日、仕事の一環で、
入試問題を22年分解いたばかりですので、
そこまでズレてはいないかと思います。

6年生の組分けについては、
時間が限られているのであれば、
他の科目の直しを優先していただいて
良いように感じられました。

次のSAPIX6年生の社会の山場は、
夏期講習の最初の4日間です。

「データバンク」の授業を、
必死にメモを取りながら聴けるよう、
睡眠時間を十分に確保した上で
臨んでいただければと思います。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。