• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[希学園]

人に頼らず、自分で考えて学習に取り組むようになるために親としてすべきことは?

最終更新:

Q

はじめまして、希学園の豊中教室に通っている新小学6年生男子の母親です。
国語や理科の宿題は居残りで宿題を済ませて帰ってきます。
しかし、算数は居残りをしていても宿題が終わっていません。「わからない問題をちゃんと質問したの?」と聞くと、「簡単な質問だと、怒られるので嫌。」と言います。
ただ気になるのは、最初からあきらめて、自分で考えようとしていない点です。
居残りでも座っているだけで、何もしていないと思います。家ではすぐ人に頼るところがあります。今は父親に聞いて、宿題をしています。
算数の苦手意識が強く、算数の勉強から逃げてばかりで、復習テストの点数も下がる一方です。
たとえわからなくてもいいので、人に頼らず、自分で考えて取り組むようにしてほしいです。
母親として何をどのようにすればよいのかアドバイスをお願いいたします。

希学園のクラスアップならSS-1大阪谷町教室へ

A

この度はご相談ありがとうございます。希学園にお通いで、お子さんの勉強に対する姿勢についてお悩みなのですね。

希学園では、6年生になると5年生より通塾日数が増え、学習内容もかなり難しくなります。

大手の進学塾ではどこでも同じ傾向にありますが、希学園では負担感が特に大きくなります。
もともと5年生の時点で余裕なく一週間を過ごしているお子さんが多いからでしょう。
ご家庭での学習サイクルがうまく作れず、成績が下降するお子様が目立ちます。

お子様も同じ状況に陥っておられるようですね。
自分で考えて、分からない問題を質問で解消するという場合なら問題はありませんが、まったく考えず、答えだけ確認して宿題をすませているお子様の姿を見られると、お母様としてご不安を感じられることでしょう。

まず、お母様に知っていただきたいことは、希学園の場合、6年生の学習と、5年生の学習とはまったくの別物だということです。
希学園では、5年生までは宿題は完璧に仕上げるものでした。
しかし、6年生の宿題は完璧さを条件にしてはいけません。
必要なもの、優先順位の高いものから取り掛かるというのが鉄則です。
希学園の学習カリキュラムがそういう学習を求めているのです。

実は、希学園の算数は、5年生までに受験に必要な内容を一通り終えているのです。
したがって、5年生での学習内容を完璧にするということには、大きな意義があります。
一方、6年生のカリキュラムは、灘中をはじめとする最難関中学の受験に必要な内容が網羅されています。
受験校によっては、取り組む必要のない内容も大量に含まれているのです。

まずお母様が取り組んでいただきたいことは、学習の優先順位をつけることです。
志望校の受験に必要な学習が何であるかを明確にしましょう。
ベーシックだから全て必要と安易に判断せず、問題の難度を確認してください。

次に、2週間単位で家庭での学習可能時間を確認します。
学校学年も6年生になられて1ヶ月がたちました。
ご家庭での1週間の学習サイクルもはっきりしてきていることでしょう。
今のありのままの学習サイクルを書き出してください。

ここでポイントは、日曜日も含め、2週間単位で書くということです。
日曜日は志望校別特訓、公開テストなど週によって塾での拘束時間が異なります。「志別」の宿題消化も2週間単位で考えていきます。
そういう細かい点にも気を配って、実際には何にどれぐらいの時間をかけているのか調べるのです。
そして、優先順位の高い宿題や学習から順に、持ち時間の範囲内でこなしていきます。
時間切れになった場合、残った学習メニューは思い切って捨てることも大切です。

6年生で大切なことは、睡眠時間を削ってまで無理をしないこと。
その割り切りが、希学園でのハードな学習を乗り切るコツです。
学習優先度を知るには、通われている教室にて個別の教育相談をお受けになると良いでしょう。お子様の現状に適切な学習の優先順位を率直に尋ねるようになさってください。

もし、通われている塾以外の専門家のアドバイスが必要だとお考えでしたら、最寄りのSS-1教室にお電話をお寄せください。ご予約いただきましたら、無料の学習カウンセリングを行わせていただきます。
お子様の志望校や志望校別特訓の受講コース、現在のクラスに応じたベストアドバイスを差し上げます。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で希学園の成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

希学園にお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【希学園】お子さんとの関わり方で悩んでいる方にオススメの記事

【希学園】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ベスト塾ガイド
2022年5月16日
特集『中学受験 個別指導のSS-1』
ベスト塾ガイド
日経xwoman
2022年4月15日
特集『中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載』
日経xwoman
日経xwoman「DUAL」
2022年3月23日
特集『22年度の中学入試を分析 4科とも「思考力」が必要』
日経xwoman「DUAL」

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!