• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
SS-1テラス

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]
早稲田アカデミー生の合格の決め方冊子を手に入れる

下の子を上の子と比べてしまって、ついケンカになってしまいます

最終更新:2019/11/27

Q

早稲アカに通う小5の男の子です。
中2の兄がおり、兄も早稲アカに通っておりました。
兄はほぼ塾にお任せで受験を乗り切ってくれましたが、弟はこのままでは不安です。

塾は楽しそうに通っていますが、成績が思うように伸びません。
親も良くないことと思いつつも兄と比較してしまって、ついつい喧嘩になってしまいます。
子どもにどのように接してあげればよいでしょうか。

早稲田アカデミーのクラスアップならSS-1渋谷教室へ

A

ご相談ありがとうございます。

「兄弟であっても、それぞれの個性は違う。その子に合わせて対応を変えてあげないと...」
と、頭ではわかっていても、実際にお兄さんと全く違う性格、考え方の弟さんを目の当たりにすると、戸惑ってしまいますよね。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。

こういった場合にお勧めするお子さんへの接し方は、

①「できているところ」を見る
②「できていないところ」を絞って伝える
③スモールステップで成功体験を積ませる

というサイクルを確実に回していくことです。

とはいえ、頭ではわかっていても、実行するのはなかなか難しいことかもしれません。
「よいサイクル」を作り、実行するためのコツを、もう少しお伝えさせてください。


①「できているところ」を見る

お子さんを認め、褒めてあげるために、まずは「できていないこと」の確認ではなく、「できていること」の確認から始めましょう。

4年生の頃まで振り返ってみると、できるようになったことが沢山ありませんか?
これまでに受けてきたテストなどを見返して、過去と比べて何ができるようになったのか、どんな小さなことでもいいので、「できるようになったこと」を書き出してみましょう。

そして、それをお子さんに見せてあげて、「○○ができるようになっているね」と伝えてあげましょう。

「できていないこと」の確認はその後です!

頭ごなしに「△△ができてないよ!」とぶつけてしまうと、お子さんは「親は自分のがんばりを認めてくれないんだ...」と思ってしまいます。


②「できていないところ」を絞って伝える

「できていないこと」については、いきなり全部をお子さんにぶつけるのではなく「絞って」提示してあげるようにしましょう。

初めからやりきれない(と感じられる)量を提示されると、それだけで「そんなの無理......」とモチベーションを下げてしまう子がいます。

あれもこれもやらせたいという思いをぐっとこらえて、何を優先的に解決したいかを判断し、「じゃあ、まずは△△をがんばってみよう」とお子さんに示してあげてください。


③スモールステップで成功体験を積ませる

できているところを認める、課題を選定して渡すことができたならば、その次に用意するものは「目に見える結果」です。

たいていのお子さんは、頑張った結果が目に見える形で出ないと、モチベーションが下がってしまうことが多いです。

さらに、10歳前後の子どもは、まだまだ、1日や3日、長くて1週間といった、短いスパンでしか物事を考えられない傾向が強いです。
だからこそ、早めに結果がでると、モチベーションを向上させやすいと言えます。

「組分けテストでの偏差値10アップ!」などの大きな目標ではなく、まずはスモールステップで、確実にお子さんが成功体験を感じられるようにすることで、「やればできる」という自己効力感を育むことをお勧めします。

以上、あくまで一般論ではありますが、わずかでも参考にしていただけますとありがたく存じます。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で早稲田アカデミーの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

早稲田アカデミーにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【早稲田アカデミー】お子さんとの関わり方で悩んでいる方にオススメの記事

【早稲田アカデミー】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

テラコヤプラス
2021年9月21日
特集『「中学受験 個別指導のSS-1」は保護者との連携に力を入れる!オンラインを活用した新たなサービスとは』
テラコヤプラス
AERA with Kids
2021年9月5日
特集『親子で学ぶ時事ニュース』
AERA with Kids
日本経済新聞
2021年9月14日
特集『中学受験、やる気を後押し』
日本経済新聞
日経DUAL
2021年7月28日
特集『中学受験の親子ゲンカを回避 まずは子のタイプ知ろう』
日経DUAL
全国各地の新聞
2021年5月8日~11日
特集『歴史漫画「群雄割拠」に』
全国各地の新聞

メディア掲載実績一覧

講師の著書

カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!