• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[サピックス]
サピックス生の合格の決め方冊子を手に入れる

5年生から志望校診断サピックスオープンは受ける必要はありますか?

最終更新:2017/10/06

Q

今は5年生なのですが5月にあるSAPIXオープンは受ける必要がありますか。
また受けないといけない場合、どのように対策をしたら良いでしょうか?

A

SAPIXオープンに関するご質問ですね。
SAPIXテキストの宿題や復習、マンスリーに向けた準備で手一杯なので、どうしたらよいでしょうかという相談はよくいただきます。

テストを1回多く受けるということは、普段の学習時間が減少してしまう+受けたテストの復習のために時間を割かなければならなくなります。
もちろん、普段の学習が上手く回っており、追加で時間を割くことができるのであれば受けることは何の問題もありません。
まずは、5月のオープン以降にその時間が確保できそうかご確認ください。

その上で、時間の確保が難しそうであれば受けなくても問題ありませんし、仮に受けるとしても「何の目的もなし」に臨むのは避けた方が良いでしょう。

現時点での最優先課題は毎週のカリキュラムを滞りなく消化し、身につけていくことです。
その優先順位を置いて取り組むのであれば、目標や目的を設定した上で有効活用できるようにしておきたいところです。

たとえば、範囲もなく難易度の高い問題で今の時点の実力を正確に知ることで、

  1. 現時点での課題を明確にする
  2. 今後の学習プランを修正する
  3. 子どものがんばりを促す

といった具合です。
もちろん、その他の理由でも大丈夫です。

オープンの対策は出題範囲が定まっていないため、「これをやらなければ」というものはありません。
主にお子様の苦手な分野や重要な分野(たとえば算数であれば図形や数の性質など)を中心に復習をしておくと良いでしょう。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

AERA with Kids
2019年06月05日
AERA with Kids
プレジデントFamily
2019年06月05日
プレジデントFamily
プレジデントFamily 中学受験大百科
2019年05月31日
プレジデントFamily 中学受験大百科

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募