• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み

メニュー
「塾を上手に使って成績を上げる」
解決策がわかる資料ダウンロードはこちら!
無料資料ダウンロード
SS-1テラス
SS-1テラス

塾別 成績の上げ方[サピックス]
サピックスの合格の決め方冊子を手に入れる

社会の歴史のテストの成績を上げるにはどうすれば良いですか?

最終更新:
社会の歴史のテストの成績を上げるにはどうすれば良いですか?

Q

5年生の娘がサピックスの白金台校に通っています。
先日、10月マンスリーテストが返却されました。
歴史の学習にうまく対応できているように見えていなかったので、 うすうすイヤな予感がしていたのですが、やはり社会の成績が大きく下がってしまいました。

親としては、地理のときは偏差値が50後半くらいは取れていたので、歴史でも同じくらい好成績をとらせてあげたいと思っています。
今すぐに歴史を好きになれというのも無茶な話なのかもしれませんが、何か学習のコツなどがありましたら教えていただけますでしょうか?

A

ご相談いただきましてありがとうございます。サピックスに通っていらっしゃるのですね。

5年生の10月のマンスリーテストは、9月から始まった歴史が範囲として扱われる最初のマンスリーテストですね。
先日のものは「とてつもなく難しい」というわけではありませんでしたが、範囲が限定されている分、難易度は高めに設定されがちなテストです。

また、限定されているとはいえ、最初のマンスリーテストの範囲は、旧石器・縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良・平安(一部)と範囲がかなり広いため、苦戦されるお子さんも少なくありません。

デイリーチェックレベルの知識があやしいようであれば、まずはそちらの暗記を優先すべきです。ただ、地理で偏差値が50後半を取れていたということは、そのあたりはクリアされている可能性が高いと思われます。
その上で、マンスリーテストのように、遠慮なくひねった問題を出題してくるテストで高得点を取るための秘訣は、「漢字の練習」と「地図の確認」を怠らないこと、そして「年号の暗記」から逃げないことです。

「漢字の練習」に関しては、どんなに難しいものでも、ひとまず書けるようにしておくものだ、という意識を持つ必要があります。

実際のところ、国語の指導要領を越えた範囲の漢字を書かせてくる学校は多くはないのですが、「どこを受験することになっても良いように」ということで、サピックスのテストの漢字指定は厳しめに設定されています。

失点を覚悟した上で、とりあえずひらがなでも覚えることを優先するという手もありますが、入試本番を想定するとできれば避けたいところです。

次のテストの範囲ですと、「壇ノ浦」や「文禄・慶長」といったあたりの言葉は高確率で書かされやすいです。

次に「地図の確認」です。
サピックスのテスト作成者は、地名に関して、できるだけ地図上で場所を確認させる問題を作ろうとしますので、普段から地名が出てきたらアトラスで場所を確認することを習慣化しておきましょう。

最後に「年号の暗記」です。
年号暗記は必ずしも必要ないと言う先生もいらっしゃいますが、サピックスのテストでは、年号自体を覚えていないとどうしても対応しづらい問題が出題されることが少なくありません。
優先順位は必要ですが、語呂合わせなども活用しながら、原則として年号は覚えるものであるという意識をもって学習に臨みましょう。

上記の3点は、あくまで「サピックスのテストで高得点を取るための秘訣」です。
必ずしも、すべてのお子さんが今の段階で越えなければならないハードル、というわけでもありません。
ただ、成績が少しでも上がれば、やる気も出てきますので、もし日々の学習の中に取り込めそうなところがあれば、ひとつでもチャレンジしてみることをお勧めします。

結局のところ、サピックスの社会のテストの難しさは、ひとつの問題を正解させるのに2つか3つの知識が求められるところです。

言葉「だけ」を覚えているだけでは話にならないのはもちろん、「ちょっとやそっと」がんばっただけではなかなか得点に反映されず、各回の全体像が頭に入ってはじめて偏差値が大きく伸びる、という構造のテストです。

とはいえ、勉強は「ちょっとやそっと」のところからコツコツ積み重ねていくしかありません。「焦るな」というのは無理な話かもしれませんが、いちばん大切なのは、その構造を十分に意識したうえで、日々、お子さんにかける言葉、もしくはかけない言葉を選んでいくことかと感じています。

SS-1の無料学習カウンセリングにお申込みいただくと、ご家庭での対策やお子さんへの声のかけ方についてもプロ講師から具体的なアドバイスを差し上げることが可能です。

お申込みはこちら

teacher-umayahara.png

この相談に答えた講師
馬屋原 吉博(Umayahara Yoshihiro)
バラバラだった知識同士がつながりを持ち始め、みるみる立体的になっていく授業は、受験生はもちろん、保護者の方にも楽しんでいただけると好評です。「頭がよくなる謎解き社会ドリル」「CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史」「今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る」など、中学受験生に役立つ著書も多数執筆しています。

サピックス生の成績の上げ方はコチラ

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短でサピックスの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

サピックスにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

お子さんだけの成績の上げ方をお渡しします。
SS-1の2つの選べる無料体験を今すぐお試しください。

無料資料ダウンロード

中学受験の学年別対策

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたは無料メールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

友だち追加

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【サピックス】家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

【サピックス】そのほかのオススメの記事

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ダイヤモンド・オンライン
2024年4月21日
特集『【中学受験勉強法・社会1】地歴・公民を攻略する「理解を伴う暗記術」とは?一流講師が伝授!』
ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
2024年4月20日
特集『【中学受験勉強法・理科1】「知識」「読み取り」「思考」…問題タイプ別“正解の近道”、一流講師が伝授!』
ダイヤモンド・オンライン
週刊ダイヤモンド
2024年4月4日
特集『理科 3タイプの切り口で考える 「正解への近道」とは?』
週刊ダイヤモンド
週刊ダイヤモンド
2024年4月4日
特集『社会 地理・歴史・公民の攻略法 「理解を伴う暗記」で勝つ』
週刊ダイヤモンド

メディア掲載実績一覧

講師の著書

改訂版 頭がよくなる謎解き社会ドリル
難関中学 受験国語の強化書(読解・思考・解法)
難関中学 受験国語の強化書
「難関中学 受験国語の強化書(読解・思考・解法)」をAmazonで買う
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応