• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[サピックス]
サピックスの合格の決め方冊子を手に入れる

麻布中を志望しています。塾の模試ではどれが大事ですか?...

最終更新:

Q

サピックスのセンター南校に通っている小学6年生です。
9月以降に塾で行われるテストの取り組み方について、ご相談させてください。
麻布中を志望しているため、麻布の学校別オープンに焦点をあてようとは思っていますが、マンスリーや合格判定オープン、比較合判をどのように取り組み、結果の数字をどのように受け止めればよいのか分かりません。
もちろん、すべて良い点数をとるのに越したことはないのですが、優先順位のつけ方などアドバイスをいただけないでしょうか。
サピックスのクラスアップならSS-1渋谷教室へ

A

この度はご相談ありがとうございます。サピックスにお通いなのですね。

9月以降の受験生は、『学校別オープン』や志望校の過去問が入るために前期よりも試験スケジュールがきつくなります。
そして、テストにはそれぞれの特徴がありますので、すべてにおいて満足感を得ようとするのはかなり難しいと言えるでしょう。

では、その違いをどう捉えて、どのような意識で臨むべきでしょうか。
『マンスリー』はサピックスの所属校舎でのクラス決定のためであり、『合格判定』は様々な入試問題に対する対応力を、参加者中の数値で表すためのテストです。
一方、『麻布の学校別オープン』では麻布中学の入試問題への対応力を測るために作成されています。

国語を例にとってそれぞれのテストを比較してみます。
まず、麻布の国語の問題の特徴として、「物語文一題に設問がほとんど記述問題であること」、「選択肢問題は数が少なく、平易であること」が挙げられます。
このような試験問題での得点力向上を目標とする受験生が、『マンスリー』や『合格判定』で出題される論説文での難易度の高い選択肢問題に正解する力や練習が必ずしも必要とは限りません。
もちろん、どのような出題形式にも対応できる力がつくことは大切ですが、最重要課題は何かということと、受験までの残された時間を考慮して、練習課題の優先順位をつけることが絶対に必要です。

麻布中学への合格を目指すなら、麻布の入試問題で合格点を取ることを目標とすべきであり、α1に上がることやクラス維持することではありません。
そう考えると、『麻布の学校別オープン』とその対策のための「過去問演習」の優先順位は高くなります。

またαクラスが複数ある校舎では、α1にいることが麻布合格の絶対条件ではありません。
「御三家合格のためには絶対にα1にいなければならない。」という意識を保護者の皆さんが強くお持ちですと、親子ですべての模試結果に不安を覚えるようになってしまいます。

その意味においても、「目指せα1」という前期までの考え方を、後期からは「麻布中学合格」へとシフトすることが必要です。
『マンスリー』の得点が低くても笑顔でいてくださいと言っているわけではありません。
解答用紙の内容を吟味して、麻布中学の入試で要求されるタイプの問題に対する反応はどうだったのかを確認した上でお子さんとお話をしてください。

模試への受験者層の違いについても認識が必要です。
『マンスリー』や『合格判定』はサピックス生全員参加のテストであるのに対して、『麻布の学校別オープン』は麻布中学志望者(概ね成績上位者)が中心のテストになります。
母集団が異なりますから、当然偏差値などの数値の表れにもその影響はあります。

結果の数字が思わしくなかった場合でも、闇雲に「下がってしまった」、「まずい状況だ」という捉え方をするのは賢明ではありません。
保護者の不安や苛立ちは必ずお子さんにも伝わります。
もし『合格判定』で失敗したとしても、「クラス変動に影響しないからがっかりせずに、物語文の記述問題のミスについて原因をじっくり考えておこう」という言葉を保護者からかけてもらえるだけで、お子さんはかなり前向きになれます。

受験本番まで保護者(特にお母様)の方が不安をなくすことは難しいとは思います。
お子さん以外に不安を話せる相手を見つけることで、お母様のメンタルを安定させることも大切です。
塾の先生などに随時相談されることも良いですし、塾や受験についての客観的なアドバイスを私たちSS-1に求めていただくのも選択肢の一つだと思います。
何かお手伝いできることもあるかと思いますので、お気軽にご連絡ください。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

サピックス生の成績の上げ方はコチラ

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短でサピックスの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

サピックスにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【サピックス】テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

【サピックス】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ベスト塾ガイド
2022年5月16日
特集『中学受験 個別指導のSS-1』
ベスト塾ガイド
日経xwoman
2022年4月15日
特集『中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載』
日経xwoman
日経xwoman「DUAL」
2022年3月23日
特集『22年度の中学入試を分析 4科とも「思考力」が必要』
日経xwoman「DUAL」

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!