• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[サピックス]
サピックス生の合格の決め方冊子を手に入れる

国語の家庭学習で、親はどこまで教えるべきでしょうか?

最終更新:2017/09/18

Q

現在小5の娘がサピックスに通っています。
国語の学習について質問したいのですが、AテキストもBテキストも小4に比べて解説が少なくなり、家庭学習が難しくなってきました。
記述や記号選択で間違っている理由は自分で考えさせたほうがよいのでしょうか?
親がどこまで教えていいのか迷っています。
ご助言をお願いいたします。
(サピックス5年)

A

塾では学年が上がるにつれテキストの解説は少なくなっていくため、教える側も問題をきちんと理解していないと正しく説明ができません。
テキストの解説を参考に自宅で学習を行っている場合は、親が独学で勉強を教えるということがだんたんと難しくなっていきます。

他の教科でも同じことが言えますが、親がお子さんに問題の解き方を「どこまで教えるべきか」「どのように説明したらいいか」といったことは、多くの方が悩んでいらっしゃいます。
要素を整理しながら、回答させていただきます。

お子さんが自力で理解を深めることが大切

自力で理解するそもそも、テストを受けて答えを出すのはお子さん自身です。
お父さんやお母さんが、試験本番にお子さんの傍で助言するなんてことはできません。
お子さんが「自分自身で自分の間違いに気付ける」ということが大切なのは言うまでもありません。

そうした点では、日常の学習でもお子さん自身が「出来る限り自力で理解を深めていく」ことが望ましいと言えます。

特にサピックスでは小5の夏を境に、マンスリーテストも組分けテストも、問題の設定が複雑になってきます。
サピックスオープンでは、入試レベルの難解な問題も出題されます。
これらのテストに対応していくためには、お子さん自身の「自発的な対応力」を育てていくことは必要不可欠です。

非効率な学習にならないように親がサポート

学習効率アップ、やる気アップしかし一方で、お子さん一人では正解にたどり着けない問題の場合は、本人任せでは学習があまりに非効率なものとなってしまいます。
そうした場合は、さりげなくアドバイスを示唆してあげるなど、親のサポートが必要な場面だと考えた方がよいでしょう。

その上で大切なことは、お子さんの学習を見守る場合も、アドバイスする場合も、「どうしてこんなところで間違えたの!?」「なぜ出来なかったの!!」といった批判的な言い方は極力避けるべきだということです。

「ここに気をつければ出来そうだね♪」「もしかして、これじゃないかな~?」といった声のかけ方で、お子さんに寄り添うようにして最小限のコメントをしてあげてください。

ミスを指摘されると誰しも萎縮しやすいものです。
重要なのは「次からは解けそうだ!」という手応えを与えてあげることです。

親の的確なサポートと励ましが次のテストの大きな力になることもあれば、意欲をなくしてモチベーションを下げてしまうこともありますから、お子さんへの接し方には配慮が必要です。
なるべく分かりやすいヒントだけを与えて、あとはお子さん自身が進んで答えを発見できるよう見守ってあげましょう。

国語のテストの振り返り方

また、国語のテストの振り返りを行う際は、単なるミスの指摘で終わらずに、「今後どうすれば良くなるかな?」という前向きな話し合いの雰囲気に持っていくことが大切です。

そのためには、「できなかったところ」ばかりではなく、「できたところ」に目を向けることが必要です。
見直しをする際には、どうしても課題点に目がいきがちになります。
お子さんは自分のできないところばかりを見ていくことになるため、精神的につらくなってしまうのも否めません。

そこで「ここまでは出来ていたね!」という視点に切り替えましょう。
できていたことを知ることで自信が生まれ、「次は何をできるようになればいいか」というプラス思考が持てます。

さらに得意なことを知ることで、これから対策するべき問題の優先順位をつけられるようになり、テストの本番でどの問題から手を付けるべきか判断するための力を身に付けることにも繋がります。

中学受験の国語、親がお子さんの勉強を教える時の指導ポイント

ご参考までに、声かけの際のヒントとして、よく起きる間違いの例と今後のための指導ポイントをあげてみます。

【単純ミス】

  • 書き取りミス、勘違い
    →本人が気づけば対処できます。
    ただし強い叱責はむしろ逆効果です。

【選択問題ミス】

  • 手がかりとなる場所を見つけられなかった
    →段落の構成、接続詞、指示語などの基本は出来ていますか?
  • 選択肢どうしのちがいが読み取れなかった
    →選択肢の文章パターンと、手がかりの確認の仕方になれていますか?
  • 引っかけ問題に引っかかった
    →目立つキーワードに引っ張られて、考えなく選んでいないでしょうか?
  • 似たような選択肢に迷ってしまった
    →より本文に即したものを選び、本文と異なるものは選ばない方法は知っていますか?

【記述問題】

記述問題は、解答に部分点の配点箇所が明記されているはずです。
お子さんの解答と正解を見比べて、「ここが足りなかったのかな?」という程度のコメントをさりげなくしてあげましょう。

  • 設問の意味が分からなかった
    →日頃から何を聞く問題か、を意識できていますか?
  • 手がかりとなる箇所が見つけられなかった
    →段落の構成、接続詞、指示語などの基本は出来ていますか?
  • なにをどう答えてよいか分からなかった
    →語彙の強化、作文する練習をしていますか?
  • 必要とされる要素が書けていない
    →手がかり箇所のキーワードから文章を的確に肉付けする練習をしていますか?
  • 語尾が整えられていない
    →本人が気づけばすぐに対処できます。

テストの振り返りの時間がお子さんにとって苦痛ではなく、やる気を起こせる場になるよう、工夫していきましょう。

お子さんの志望校合格、成績向上の一助となりましたら幸いです。
もし、SS-1のアドバイスが必要だとお考えでしたら、最寄りのSS-1教室にお電話をお寄せ下さい。
無料の学習カウンセリングを行わせていただき、お子様に応じたベストアドバイスを差し上げます。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

AERA with Kids
2019年06月05日
AERA with Kids
プレジデントFamily
2019年06月05日
プレジデントFamily
プレジデントFamily 中学受験大百科
2019年05月31日
プレジデントFamily 中学受験大百科

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募