• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[日能研関東]
日能研関東の合格の決め方冊子を手に入れる

テストになると計算を間違い、解き方が分からなくなってしまいます。

最終更新:

Q

小学5年生の息子が日能研の目黒校に通っています。
家で問題を解いているときはすんなり解けているのに、テストになると計算間違いや解き方が分からなくなるものがあります。
どうすればいいでしょうか?

日能研関東のクラスアップならSS-1渋谷教室へ

A

この度はご相談ありがとうございます。日能研にお通いなのですね。

テストでミスをすると本当に悔しいものですね。よくわかります。
同様の問い合わせは、SS-1にもたいへん多く寄せられます。
現状では、テストで『実力を100%発揮できた』人の方が少ないのかもしれません。

まずは客観的な分析が必要です。
該当する問題を解き直してください。
仰るように「すんなりと」解けていますか?

①「すんなりと」解けない

⇒他の不正解の問題と同様に見直しを図る。
『わかったつもり』と『わかった』と『正解出来る』には大きな隔たりがある事を認識し、演習量を増やし、定着を図りましょう。

②「すんなりと」解けている

⇒そうであれば、試験時と家庭学習時の環境の違いを考えてみましょう。
「家では解けるはずの問題が、実際のテストの時には解けない」という事は「問題の難易度」に「何らかの別要因」が加味されたと考えられます。

一つ目に考えられるのが『時間』です。
テストには「時間制限」があります。
家庭学習の演習時に「時間制限」を設定していますか?
ゆっくりやれば解ける問題でも「時間制限」がある事によってご本人に凄いプレッシャーがかかってしまい平常心を失ってしまう事はよくあります。
平素の家庭学習であまりストレスを溜めてもいけませんので、問題を絞って少しずつ取り組み始めるなどの工夫をお願いします。

二つ目に考えられるのは『集中力の分散』による取りこぼしです。
こちらのケースに該当される場合が多いのではないかと推測しています。

「テスト問題は全て解かないとといけない」という重圧から先を急いだり、解けない問題に意識が集中してしまい、ちょっと見直したり、少し落ち着いていれば解けた問題まで間違えてしまうというということはよくあります。
その問題に対して100%の力を出しきれない場合です。

これに関しては対応出来ます。
『難しい問題は解かなくて良い。解けそうな問題に集中しよう。』と意識づけてあげれば良いと思います。

『満点狙い』に越した事はないのでしょうが、それを実際に達成出来る生徒はごく少数派です。
前半は時間をかけて全問正解させ、後半は(1)だけ解く、というように解く問題を絞ることで時間的余裕が生まれ、重圧が少し軽減されると思います。

また、ミスに関しては保護者様の寛容な姿勢が結果としてミスを減らしていく事に繋がります。
『惜しかったね。ここが正解だったら偏差値が○○上がったよ。もう一息だね。』と言うのと『何でこんなところでミスするの?家では解けてたじゃない!!』と言うのでは大きな違いがあります。
『ミスを指摘される』『ミスを咎められる』ことは、子どもたちにとってはモチベーションを低下させる大きな要因となります。

そのうえで、『どうすればミスをせずに正解させられたかな』と問いかけ、一緒に今後の対応策を考えてみてください。
『ミス』は『するもの』として、『しないように』というより『ミスに気付く』事を意識付けていった方が良いでしょう。

また、ミスを正すのが手っ取り早く得点を上げる方法の様に思われるかもしれませんが、『理解度のチェック』が甘い可能性も捨てきれません。
テスト前に演習問題に取り組み、きちんと理解しているかチェックを図るようにすると良いでしょう。
また、テスト中に見直す時間を作るためにも、解ける様になった問題を解くスピードを上げる練習をしてみるということも有効だと思います。

「ミス」といっても、お子様によって原因はさまざまです。
詳細をお伺いする事によって違うアドバイスも差し上げられますので、SS-1にお気軽にご相談ください。
お子さんの課題を洗い出すために、お母さんだけでご相談いただける学習カウンセリングや、お子さんとご一緒の体験授業を無料で行っております。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

日能研生の成績の上げ方はコチラ

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で日能研関東の成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

日能研関東にお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【日能研関東】テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

【日能研関東】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ベスト塾ガイド
2022年5月16日
特集『中学受験 個別指導のSS-1』
ベスト塾ガイド
日経xwoman
2022年4月15日
特集『中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載』
日経xwoman
日経xwoman「DUAL」
2022年3月23日
特集『22年度の中学入試を分析 4科とも「思考力」が必要』
日経xwoman「DUAL」

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!