• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[日能研関東]
日能研関東生の合格の決め方冊子を手に入れる

答えの数字に対する常識感覚があまりにも乏しくて困っています...

公開:2013/03/04 最終更新:2018/11/27

Q

答えの妥当性を全く考えずに答えを書くので困っています。
例えば算数で、人が走る速さが時速100kmだったり、書いてある図はどうみても90度以上の角度なのに30度と答えたり、1より大きな数をかけたはずなのに答えがもとの数より小さくなっているなど、常識で判断してありえない答えを平然と書いてきます。
そこで違和感を覚えることができれば間違いに気づき、ケアレスミスも減ると思うのですが、何度注意しても改善しません。
数に対する感覚(妥当性)を磨き、自分で間違いに気づくためにはどうしたらよいのでしょうか。

A

時速100㎞という答えが人の走る速さとしてふさわしくないことや、1より大きい数をかけているのに答えがもとの数より小さくなっていることがおかしいことは、普通に考えてみれば判断できるはずですね。
お父様、お母様からみて「どうしてこんな数字を平気で書く!?」という思いがわいてくるのも無理からぬことと思います。

算数は計算処理能力も問われますが、考えるプロセスが問われる科目です。
たとえば、算数には図を書くこと(図形の場合は補助線を引くなど)によって新たな発見を得、そこから正答へと結びつけていく過程があります。
図を書くことと、式を立てることは算数の代表的2大作業ですが、算数を得意にするためにはいつもこの作業を関連付けて考える習慣が必要になります。
習慣ですから、何度も繰り返すことが必要ですが、やがて自分の考えを振り返りながら考えることができるようになります。

自分で出した数字が妥当かどうかに気付けない、または意識を向けられないということは、自分の考え方に対する振り返りができていないか、計算で求めた数字を意味のある情報としてとらえていないということになります。
問題を解きながら、今、立てている式がふさわしいのかを意識できれば、時速100㎞という数字が出た時に違和感を覚えるはずです。
よって、問題を解いているときに振り返りをしながら考えを進める習慣をつける必要があります。
この振り返り習慣をつけるために次の3つを試してみてください。

①文章題は基本的な1行問題にも、文中にアンダーラインを引き、必ず図に書き込んで、自分の書いた図を見ながら式を立てていく。さらに何を求めた式かを明確にするため、式の数字の後に求めた数字の意味をことばで書いてみる。
ことばで書くことにより意味を振り返るきっかけができて、問題を解いている途中で数値の妥当性に気が付くようになります。

例:(200+80)÷2=140円 (兄の所持金)←意味のメモ

②図形問題の場合、与えられている図が正確とは限りませんが、角度・線の長さ・面積など、図からおおよその範囲で読み取れるものと自分の求めた結果に大きなズレがないかを意識させます。
ズレがある場合は、考えのプロセスを再確認させます。
答えの範囲があらかじめ推測できる場合は、図の中に「90度より大きい」,「100?より小さい」...などと書き込んでおくのもよいと思います。

③文章題も図形問題も文中の求められている答えの箇所にアンダーラインを引き、ゴールを強く意識させます。
また、自分の求めた答えが問題の答えとしてふさわしいかどうかを答案用紙に書き写す前に必ず確認させます。

以上①~③を常に実行することによって、問題を解いている最中に振り返りの習慣がつき、数に対する感覚を磨くことができます。

最後に、お子様が限られた時間の中で(テストや宿題など)答えを出さなければならない状況下におかれると、とにかく何か答えを書かなければならないという義務感で一杯になってしまい、自分の出した答えが問題の答えとしてふさわしいのかどうかにまで気が回らなくなってしまっている可能性も考えられます。
この場合は、今確実にできる問題(○)
・今できるようにしておきたい問題(△)
・今できなくも構わない問題(×)に仕分けをし、○と△の問題を中心に取り組むよう誘導してあげてください。
×の問題に無理に取り組ませると振り返りをする心の余裕がなくなりミスに気付けなくなります。
5年生のうちはできる問題を少しずつ増やし、問題を俯瞰する心の余裕を持たせてあげることも大事です。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メディア掲載

日経DUAL
2019年05月13日
日経DUAL
インターエデュ・ドットコム
2019年04月05日
インターエデュ・ドットコム
AERA with Kids
2019年03月05日
AERA with Kids

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募