• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[四谷大塚]
四谷大塚生の合格の決め方冊子を手に入れる

テストを受ける前日から緊張し、ストレスになっています。

公開:2013/10/02 最終更新:2017/09/25

Q

四谷大塚に通う、5年生の子の親です。
クラス変動があるテスト(特に算数)であと一歩点数が取りきれません。
そのことが親子共にストレスになっていて、テスト前(前日から)はいつも子供が緊張しています。
この先6年生になってもテストが続くので、この状況を何とかしたいと思います。
子どもが自信を持ってテストにのぞめるようにするには何が必要でしょうか。

A

ご質問ありがとうございます。
お子さんがテスト前から緊張してしまい、納得できる結果が出ていないようですね。
塾では少なからず、競争しながら頑張らせるというモチベーションの持たせ方をしますので、それがつらく感じられる場合は何かしらの対策が必要になりますね。

一般的に良く言われることですが、テストにおいてマイナスの気持ちを持ってしまうと、不安、緊張が増幅してしまい、本来の力を出しきることは難しくなります。
お子様の場合も「テストの結果が悪かったらどうしよう......」「クラスが下がってしまったらイヤだなぁ~」の気持ちがどこかにあるのでしょう。

ご質問のように、自信を持ってテストに臨むためには、大きく次の二点が必要です。

  • 計算方法や解法知識をテストに使える形で整理できている
  • 気持ちを整える行動パターンを知っている

まず、「計算方法や解法知識をテストに使える形で整理できている」ですが、具体的な事実をお子様が受けられたテストから確認してください。
主に誤答分析ですが、間違えた理由について以下のどれにあてはまるでしょうか

  1. 根本的に解法が見えていない
  2. 計算ミスや書き間違いによる誤答
  3. 時間不足による空欄解答

それぞれの内容について一般的な対策をあげてみます。

1.根本的に解法が見えていない

各科目とも正解にたどり着くためには、「解法の知識」+「考える」ことが必要です。
知識が身についていないのであれば、入力のための時間が取れているのか、覚え方に工夫はできているか、長期記憶になるように繰り返しの機会は作れているかが問題になります。

「考える」ことについては、知識を「使ってみる」ことで身についていきます。
「分かった」だけでは「できる」ようになっていないと言われるのもこのためです。
別の問題で解法知識の使い方が分からない時や、解説を見てもわからない時には塾の先生に質問をするなどして「知識の使い方」を自分のものにしてください。
試行錯誤を繰り返し身につくものなので過程における間違いは気にしなくても構いません。そこから学ぶことが大切です。

2.計算ミスや書き間違いによる誤答が多い

これもテストの悩みとしては多いものです。
テストの確認ですが、文字は読みやすく書けているでしょうか。
きれいな字でなくても構いません、読みやすければ良いです。
具体的には算数では①文字の大きさがそろっているか、②縦横のラインがそろっていて桁の読み違えが起こらないか、③計算した順番が追える余白の使い方をしているかを見てください。
国語であれば、抜き出し問題では文章中の書き出す部分に線を引く、または囲みをつけておくだけでも結果が変わってきます。

選択肢から選ぶ問題では、選んだものに○をつけるクセを身につけると良いです。
このクセ(行動)ができているかどうかに意識を向けてテストに臨むと安心感も持つこともできます。

3.時間不足による空欄が多い

テストは時間制限がありますから、時間内でどれだけ高い得点が取れるかの勝負です。
ゆえに、時間対得点効果を考える必要があります。
正答率が低い問題に時間をかけすぎて、正答率の高い、得点すべき問題に時間がかけられていないようであれば、時間の使い方を改善する必要があります。

1.~3.を振り返り、テストから見えてくる原因を明らかにしてみてください。
それを解決するための策を、お子さん、親御さん、塾の先生で具体的に出してみてください。

次に「気持ちを整える行動パターンを知っている」ですが、当日のテストにおいてどんな行動がとれていれば気持ちが整うか、親御さんがどんな声かけをしてあげると安心してテストに臨めるかなどをいろいろと試されると良いと思います。

一般的にネガティブな思考は良い方向に進まないので、プラス思考になれるような声掛けが必要です。
問題が解けない時の「なぜ?」の声掛けの使い方に注意するや、達成できそうな小目標を立てて、達成できた時に一緒に喜ぶことなども効果があります。
目標が達成できなかったときも、「なぜできなかったのか!?」と対立のベクトルで話をせず、「何が原因で達成出来なかったのかな?一緒に考えていこう!」とお互い、未来志向のベクトルで接すると良いです。

テストは過去の学習の経過をはかるモノサシです。
仮に結果が悪くてもそこから原因を探り、次につなげる行動が見つかれば十分です。
そうして次のテストではこんなことを試してみたらうまくいくかもという試みをいれていくと、テストを受けなければならないという負担感も減り、次第に結果が出て自信につながっていくと思います。

成功体験を一つでも多く積ませてあげて、自信を持ってもらいたいと思います。
もし何かご相談がありましたらご連絡ください。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メディア掲載

日経DUAL
2019年05月13日
日経DUAL
インターエデュ・ドットコム
2019年04月05日
インターエデュ・ドットコム
AERA with Kids
2019年03月05日
AERA with Kids

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募