• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み 学習カウンセリングのお申込み 無料体験授業のお申込み
フリーダイヤル0120-079-223
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[四谷大塚]
四谷大塚生の合格の決め方冊子を手に入れる

後期のカリキュラムの中で、過去問はどのように進めていけばよいでしょうか?

公開:2013/09/02 最終更新:2017/09/20

Q

夏が終わり、後期の授業が始まります。
これからの過去問の取り組み方について、塾から解き進めるように言われていますが、細かい指示はなく、どのように進めていけばよいか悩んでいます。
今後、時間がますます貴重になる中で効果的に過去問を進めていく注意点などがありましたら教えてください。

A

過去問演習は中学受験に向けた学習の中でもっとも大切なステップかもしれません。
3年も4年もかけて準備するオリンピックの出場選手の最終調整にも似た緊張感がありますね。

学校によって傾向や範囲は様々であり、お子さんにどんなに苦手な分野や出題形式があろうが、実際に受験する学校の問題で合格に必要な点が取れれば合格できるのだ、と考えれば、過去問演習の重要性というのはわざわざ語るまでもありません。

したがって、本当に効果的な「過去問」の指導をするためには、お子さんひとりひとりの適性と、非常にたくさんある中学校の入試問題の両方に精通している必要があるのです。
集団塾の先生方で、このレベルの視点をお持ちで、かつ実行に移せる方は決して多くいらっしゃるとは言えません。
だからこそ塾以外でのフォローが必要になります。

過去問演習には、大きく分けて2つの目的があります。

ひとつは、特定の学校の入試問題がお子さんに向いているかどうかを判断するために行う過去問演習です。
1学期や夏に力試しとして行ったり、あるいは直前期に一月入試や押さえとして受験する学校を決めたりする場合に行います。

もうひとつは、受験すると決めた学校、多くの場合は第一志望、第二志望となる学校の問題で合格点をとれるだけの力をつけるために行う過去問演習です。

この場合、最初から合格点を取れる、というケースはほとんどないでしょう。
時間内にすべての問題を解き切れる、というケースも最初はなかなかないと思われます。

本番を想定して時間を計って解くのはもちろんのこと、余分に時間を取って納得いくまで考えてみることも重要です。

解きっぱなしで終わるのはもちろんのこと、自分で採点して点数だけ出して一喜一憂する過去問演習にはまったく意味がありません。

解答解説を読んで、分からなかった問題、納得いかなかった問題は、かならず信頼できる大人に質問する、もしくは、その学校に合格するためには「解けなくても良い」問題であると判断してもらう必要があります。

すべての問題を完璧に解ける必要はありません。
合格者平均点である6割から7割の問題が解ければ合格するわけですから、重要なのは、お子さんが合格に必要な点を取るのに、あとどの問題を正解しなければならないかです。
それを確認し、得点すべき問題での間違いを正解に変えられるよう徹底的に直しをしていきましょう。

「どの学校の過去問からやれば良いか」というのも悩ましい問題ですね。
塾の先生方にお伺いしてもいろいろな答えが返ってきますが、お子さんの自信やモチベーションを重視するのであれば、合格点がとりやすいと思われる学校から始めるのもひとつの方法です。
きちんと直しをしつつ、その学校の問題で合格点をとるためにはどうすればよいのかを考え、クリアできたら次のレベルの学校の過去問にステップアップするイメージですね。

もちろん、お子さんの得意不得意によって、その学校の問題が解きやすいか否かは必ずしも学校の偏差値にはリンクしません。
お子さんにとって合格点がとりやすい学校はどこか、ぜひ、お子さんの学習状況に詳しいプロにご相談されることをお勧めします。

以上のように考えますと、過去問演習にはそれなりに多くの時間を要することが分かります。
過去問演習に取り組むための時間の捻出もひとつの課題です。

過去問は、本番の受験を想定した時間配分で取り組むのがベストです。
そのため、もし可能でしたら、1週間の中で半日を過去問演習に確保し、入試本番と同じように連続して問題に取り組むことをお勧めします。
土曜日や日曜日、行事などの予定がない祝日が良いでしょう。

ただ、塾の日程などの関係で、実際には、1週間の中で丸一日を確保することが難しい場合が殆どかもしれません。
そのような時には、週の中で意識的に時間を確保して過去問演習に充てることになります。
学校や塾の授業(授業内容が得意分野であることが分かっている場合など)の一部を、ご自宅での演習のために振り分けられる方もいらっしゃいます。

以上、方針を立てるにあたって気を付けたほうが良いことをいくつかお話しさせていただきました。
ただ、やはり過去問演習は、入試問題の内容・傾向と、お子さんの学習状況や得意・不得意を把握しながら、順番や方法、タイミングなどを設計していくに越したことはありません。
可能な限り、お子さんの味方になってくれる中学受験のプロにご相談されながら進めていっていただければと思います。

UN資料請求のお申込みN UN学習カウンセリングのお申込みN UN無料体験授業のお申込みN

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室19年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メディア掲載

毎日新聞
2019年02月06日
毎日新聞
AERA with Kids
2018年12月05日
AERA with Kids
Yahoo!ニュース
2018年12月04日
Yahoo!ニュース

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募