• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み

メニュー
「塾を上手に使って成績を上げる」
解決策がわかる資料ダウンロードはこちら!
無料資料ダウンロード
SS-1テラス
SS-1テラス

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]

正月特訓や冬期講習と家庭学習、どちらを優先した方が良いでしょうか?

最終更新:
正月特訓や冬期講習と家庭学習、どちらを優先した方が良いでしょうか?

Q

早稲田アカデミーの溝の口校に通う6年生の娘がいます。
先月くらいから、やっと入試を我がことと捉えられるようになってきたのか、以前に比べると勉強量も増えてきました。

とはいえ、まだまだ弱点が多い状況に焦りも感じています。
解けていない過去問も少なくありません。

年末年始は冬期講習や正月特訓など塾の予定も多いのですが、どちらを優先すべきか迷っています。

A

この度はご相談いただきましてありがとうございます。早稲田アカデミーにお通いなのですね。

結論から申し上げますと、「お子さんが今、本当にやるべきこと」が見えていて、それを家庭で実行できるのであれば、家庭学習を優先した方が良いことが多いです。

塾の授業が集団形式で進められる限り、塾の授業に「お子さんが受験される学校の対策」や「お子さん自身の弱点補強」そのものを期待することはできません。

受験する学校の過去問の研究(傾向の分析や大問ごとの時間配分決め)や、弱点補強など、入試本番で合格に必要な点を取るためにすべきことが見えている。
それを実行する方法も分かっている。
ただ時間だけが無い!という状況でお困りなのであれば、家庭での学習を優先しましょう。

もちろん、入試直前期の冬期講習や正月特訓の効果を否定するつもりはありません。
ここまで一緒に戦ってきたクラスの仲間たちと一緒にハチマキを巻いて勉強することが、本人のモチベーションにとってプラスに働くこともあります。

社会の先生が冬期講習で時事について扱うつもりでいらっしゃる場合、時事問題対策を家庭で進めるのが難しいのであれば、安易に休まない方が良いかもしれません。

ただ、出席されるのであれば、ひとつ気に留めておいた方が良いことがあります。
それは、冬期講習や正月特訓で、塾の先生が、大量の問題を(お子さんにとって)短すぎる制限時間の中で解かせることがあることです。

秋の時期に、「丁寧な解き方」を身に着ける努力を積み重ねてきた受験生が、このタイプの授業を受けることで、解き方が雑な状態に戻ってしまったまま、年明けの1月入試に臨まざるを得なくなるケースが(早稲田アカデミーに限らず)例年発生します。
これは、避けられるのであれば避けたい事態です。

多くの塾の先生は、塾の講座にはできるだけ出席するようおっしゃいます。

営業の側面が無いわけではないとはいえ、多くの場合、その発言は、自分が生徒にしてあげられることはできるだけしてあげたいという情熱から出ています。
ただ、多くの受験生にとって、残された時間は大変貴重です。

<正月特訓や冬期講習を受講するメリット>
(1)モチベーションの向上
クラスメートと一緒に学習することでモチベーションが向上し、勉強への意欲が高まる。

(2)集団学習の効果
塾のクラスでの受講により、他の受験生と切磋琢磨しながら学習でき、知識やテクニックの共有が行える。

(3)時事問題対策
冬期講習で社会の先生が時事問題について扱う場合、家庭では難しい対策ができる。

(4)受験直前の集中学習
入試直前期に集中的な学習が可能で、志望校の過去問対策や弱点補強が効果的に行える。

<正月特訓や冬期講習を受講するデメリット>
(1)個別対応が難しい
塾の授業が集団形式で進行するため、個々の生徒に対する対策や補習が難しい。

(2)解答スピードの向上と解き方の雑化
短時間で多くの問題に取り組む冬期講習で、解答スピードは向上するが、解き方が雑化する可能性がある。

(3)自宅学習の優先性
塾の特訓よりも、家庭での学習が優先される場合があり、自宅で十分な対策ができるならば塾に通う必要性が減る。

(4)時間の制約
塾の特訓に参加することで、学習以外の時間が減少し、生活のバランスが崩れる可能性がある。

(5)解答方法の変化
冬期講習で短時間で解くことが重視される中、丁寧な解き方が犠牲になり、本番での対応が難しくなる可能性がある。

<正月特訓や冬期講習の受講についてまとめ>
ご家庭の状況やお子さんの学習スタイルによって最適な選択が変わります。学習スケジュールや志望校に合わせて、塾の特訓と自宅学習のバランスを取ることが重要です。

ご家庭で、上記のようなメリット・デメリットを考慮された上で、お子さんが志望校の合格に一歩でも近づくために最善の決断がなされますよう願っています。

この度はご相談いただきまして誠にありがとうございました。

ご家庭での対策が難しい場合は、お早めにSS-1の無料学習カウンセリングへお越しください。

お申込みはコチラ

ss1.png

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1 編集部です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに、中学受験専門のプロ講師による学習アドバイスを発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で早稲田アカデミーの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

早稲田アカデミーにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

お子さんだけの成績の上げ方をお渡しします。
SS-1の2つの選べる無料体験を今すぐお試しください。

無料資料ダウンロード

中学受験の学年別対策

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたは無料メールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

友だち追加

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【早稲田アカデミー】授業の事で悩んでいる方にオススメの記事

【早稲田アカデミー】そのほかのオススメの記事

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ダイヤモンド・オンライン
2024年4月21日
特集『【中学受験勉強法・社会1】地歴・公民を攻略する「理解を伴う暗記術」とは?一流講師が伝授!』
ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
2024年4月20日
特集『【中学受験勉強法・理科1】「知識」「読み取り」「思考」…問題タイプ別“正解の近道”、一流講師が伝授!』
ダイヤモンド・オンライン
週刊ダイヤモンド
2024年4月4日
特集『理科 3タイプの切り口で考える 「正解への近道」とは?』
週刊ダイヤモンド
週刊ダイヤモンド
2024年4月4日
特集『社会 地理・歴史・公民の攻略法 「理解を伴う暗記」で勝つ』
週刊ダイヤモンド

メディア掲載実績一覧

講師の著書

改訂版 頭がよくなる謎解き社会ドリル
難関中学 受験国語の強化書(読解・思考・解法)
難関中学 受験国語の強化書
「難関中学 受験国語の強化書(読解・思考・解法)」をAmazonで買う
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応