• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]
早稲田アカデミー生の合格の決め方冊子を手に入れる

理科の苦手意識を解消するには、どのようにすれば良いのでしょうか?

最終更新:2017/09/22

Q

理科の天体や植物などの分野に対して、苦手意識を持っています。
前々から子ども自身も「苦手だ」と言っているので復習を定期的に組み込みたいのですが、嫌がって取り組もうとしません。
「苦手から逃げてはいけない」と何回言っても効果がありません。
「苦手なものを克服しよう」という意欲を子どもに持たせるのは、どのようにしていけば良いのでしょうか。
(早稲アカ5年)

A

気が進まないものに対して取り組んでいくのは大人でも強い意志が必要になりますから、まずは誰かが子供の背中を押してあげる必要があります。
また、一度背中を押しただけではすぐに子供は止まってしまいますから、ペースをつかむまでは周りの大人が一緒に取り組んであげた方がよいでしょう。
その大人とは、ご家庭ではご両親、ご家庭外では学校や塾の先生になります。

一般的に苦手なものを克服したいという思いを持つためには、目標に到達したいという強い気持ちが必要になります。
ただ、お子さんが5年生の段階では明確な目標(第一志望校など)が無いことも多いですし、まずは一度お子さんを交えてご家族で目標(志望校、クラスアップ、偏差値など)を設定されるのはいかがでしょうか。

その上で、目標に到達するためには、最終的には理科のこの単元のこの部分までは理解しておかなければならないけれど、5年生の段階ではここまでの理解で十分というように、理解しておかなければならない範囲を明確に伝えてあげてお子さんの心理的ハードルを一旦下げてあげると取り組み安くなります。
テストで得点できない場合にも、その原因が範囲外の内容である場合には全く問題ないことを伝え、お子さんを安心させてあげてください。
テストは点数ではなく、どこができていてどこができていないのかを細かく見てあげることが大事です。
それでも特定の単元に苦手意識を感じるのであれば、単元ごとにその苦手意識の原因を特定し払拭してあげる必要があります。

例えば、植物単元が苦手に感じる子供たちは、まず覚えなければならない知識が多過ぎると勘違いをし、やる気を失ってしまいます。
しかし、実際には図鑑に載っているたくさんの植物名を細かく覚える必要はありませんし、高度な専門的知識を要求されることもありません。
入試では身近にある限られた植物について問われる場合がほとんどです。

まずはたくさんの植物名を覚える必要はないから...と安心させてください。
その上で、植物に対する学習意欲を高める工夫をしてみましょう。
例えば日常の食事で食べている野菜や果物に注目させてみるという方法もあります。
この野菜は何科の植物?どんな花が咲くの?今食べているのはからだのどの部分?などと聞いてみてください。
食卓に出てくるような野菜類は入試でもたびたび取り上げられますから、分からない時は少し詳しく調べさせるのがよいかと思います。
また、庭やベランダでの家庭菜園が可能な環境があれば、お子さん自身に種まきから収穫まで管理させてみるのも1つの方法でしょう。
直接植物と関わることで、たくさんの気付きが生まれてくるはずです。

お子さんが調べた後は、答えと調べる過程でわかった知識をノートに書いてもらいます。
付随する知識の中には受験には必要としないものも含まれていますが、その知識を知ることによって現象の理解が深まりますから書いてもらうことをお勧めします。
さらに、調べてわかったことをお子さんの口から報告してもらってください。
得意げに話してくれるようになれば、もう心配する必要はありません。
お子さんが出題者、お母さんが解答者となり、クイズ形式にして報告してもらうのも意外と効果があります。普段と教える教えられるの関係が逆になるので、お子さんが面白がって(得意になって)話してくれるケースも多いです。
やがて、そのノートがお子さんだけのオリジナル理科テキストとなってお子さん自身を支え、理科に対する取り組みがさらに前向きになるはずです。

次に天体単元ですが、植物単元とは違って天体の動きを立体的なイメージで捉える必要があり、机上の学習ではイメージしにくいため、苦手意識を抱えている子どもたちがたくさんいます。
天体の動きから取り組むと最初からうんざりしてしまうこともありますので、まずは知識から取り組むのがよいでしょう。
昨年、宇宙飛行士の星出さんの帰還が話題になりましたから、星出さんに関連することをきっかけにしてお子さんに調べてもらうのも1つの方法です。

星出さんはどこに何をするためにどのような手段で行ったのか?ISSや地球の動く速さは?など調べると意外なことがわかってきます。
人工衛星が地球を回る速さを知るだけでも、その速さに驚いて興味を持つかもしれません。この時も植物と同様にお子さんにノートに書いてもらい報告してもらうなどしてみてください。

その後、知識が広がったタイミングで天体の動きに関する学習に移ります。
テキストを見て、地球は1日に1度動くから...と勉強するより、始めに動きに関する映像教材などを見て立体的なイメージを持ってもらうとより効果的です。

苦手な単元でも、意外なこと・驚きを発見できれば次の学習意欲につながります。
学習意欲を高める入口として、直接受験に関係なくても、身近なテーマに注目し、お子様の好奇心を刺激してみてください。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で早稲田アカデミーの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

早稲田アカデミーにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【早稲田アカデミー】家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

日経DUAL
2019年10月25日
日経DUAL
AERA with Kids
2019年09月05日
AERA with Kids
日経DUAL
2019年08月07日
日経DUAL

メディア掲載実績一覧

講師の著書

中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募