• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み 学習カウンセリングのお申込み 無料体験授業のお申込み
フリーダイヤル0120-079-223
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[サピックス]
サピックス生の合格の決め方冊子を手に入れる

国語の宿題や学習の進め方に不安があります...

公開:2012/05/09 最終更新:2015/11/03

Q

国語の宿題の丸付けを見ていると、○か×かだけをつけて片付けてしまい、模範解答と自分が書いたものについての吟味がほとんど見られません。
親の目から見ていると、正解かどうかだけを気にしているだけで、記述に対してもう一歩工夫してみようとか、解答の質を上げようという姿勢がないように思われます。
このような学習の進め方で国語の力がついていくのか不安です。
(サピックス6年)

A

宿題には取り組んでいるものの、答え合わせを通じて学ぶ姿勢が感じられず、解きっぱなしの状態になっているのではないか、というお悩みですね。
確かに、ご相談くださったような状況では家庭学習法の見直しを進めなければならないでしょう。 記述力を伸ばすためには、設問が求めていることや文章内容、背景などを自分がどの程度正確にとらえられているか、答え合わせを通じて再認識していく必要があるからです。

では、どのような手順で学習方法を改善していけばいいのか、具体的に検討していきましょう。

そもそも、お子さんはどうして○か×しか見ないのでしょうか。
お子さんは、どういった基準で○をつけたり×をつけたりしているのでしょうか。
まずはその点の確認をしてみてください。
特に基準を持つことなく、読んだだいたいの印象で正誤を判断しているのかもしれません。

実際多くのお子さんは、どの程度書けていれば○で、どの程度なら部分点がもらえ、×になるのは何が欠けている場合なのかという判断が上手くできていません。
お子さんだけでなく、保護者の方の大半も同様の悩みをかかえていらっしゃるようです。

基準が分からないままに○や×をつけていては、何となく落ち着かない気分が残り、学習の達成感はなかなか味わえないでしょう。
せっかくがんばって問題に取り組んでいるのに、手ごたえが得られないのではお子さんにもストレスとなってしまいます。

ぜひ学習方法を改善していきましょう。
それには、次のような手順で進めていかれると良いでしょう。

まずは、記述には必ず△が存在するという意識を持つことが必要です。
いわゆる部分点ですね。
サピックスのBテキストを例に出すと、模範解答には必ず部分点が記載されています。
10点中でこの部分が書けていれば③点ー③点ー④点ーなど回答に線引きがされています。
ですから、採点の際にはかならず△何点というものが存在します。
記述の採点というものは、全体的な内容を大まかにとらえてなされているのではなく、解答上求められている要素が過不足なく書かれているのかをチェックしているのです。
ですから裏を返せば、何が求められているのかということを学んでいくことが、記述の学習だと言えます。

Bテキストの解答例には、この「求められているもの」が部分点表示によって示されているというわけです。
配点の違いに着目すれば、どの要素が最も重要で、また欠けていたとしても致命的ではない要素はどれか、といった解答要素の優先順位を学ぶこともできます。

こういった点を意識しながら採点を進めれば、なかなか○はつきません。
もちろん△だったら良いということではなく、△何点かを重視してください。
設問の難易度にもよりますが、概して目指すべきは△6~7割以上の得点となります。

こういったとらえ方は、今まで○か×かといった答え合わせを続けてきたお子さんにとっては、難しく感じられるかもしれません。

答え合わせの時はお母さん、お父さんがお子さんに声をかけ、部分点の配点が高い解答要素を確実にとろうとする意識へ導いてあげてください。
そして、完全に○になることは解答要素の全てがそろうという意味だと理解させてあげましょう。 ○がついたときは、そうした要素の一つ一つを漏れなく書き上げられた点を大いに褒めてあげてください。

こうしてお子さんの中に△をつける意識が芽生えると、模範解答と自分で書いたものを見比べる習慣が身についてくるために、どこはとれていて、何は足りないのかを判断する力も育ってきます。

その力を記述力につなげていくために重要な作業が、本文に戻るということです。
模範解答の解答要素が、文章中のどこに書いてあるのか確認していきましょう。
本文中の場所を見つけられればそこに線引きするなどして、視覚的に全体の中での位置づけを確認するといいですね。
くれぐれも、模範解答と自分の書いた記述解答とを行き来するだけにならないように、注意を払ってあげてください。
答え合わせの時点で本文に戻ることで、「最初に読んだ時にちょっと気になったところだ!」などと、お子さんなりの発見を引き出すことができます。

つまり、自分なりに本文を読んだ時の理解と照らし合わせることができ、文章の読み方についての修正にもつなげていけるのです。

いかがでしょうか。
ぜひ今回のアドバイスを活用して、記述問題の答え合わせに熟達していただきたいと願っております。
万が一ご家庭の学習では上手く行かない時は、早めにご相談ください。
数多くのお子さんの国語力を上げてきたSS-1のプロ講師陣が、お子さんに特化した学習ポイントを助言させていただきます。
UN資料請求のお申込みN UN学習カウンセリングのお申込みN UN無料体験授業のお申込みN

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室19年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メディア掲載

毎日新聞
2019年02月06日
毎日新聞
AERA with Kids
2018年12月05日
AERA with Kids
Yahoo!ニュース
2018年12月04日
Yahoo!ニュース

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募