• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[希学園]

6年生になってはじめての公開テストの成績が最悪でした。

最終更新:

Q

希学園の岡本教室に通う新小6の女の子の母親です。
6年生になってすぐに受けた2月公開テストがこれまでの中で最悪の成績でした。
特に算数は60点もとれませんでした。
テストの日、迎えにいった車の中でまったく出来なかったことを申していましたが、予想以上の悪い結果でした。
返されたテストのやり直しをさせたところ、80点ちょうどまでは直すことが何とかできました。
6年生になると公開テストが難しくなると聞いていましたが、今後どのような点に気をつけるとよいですか。

希学園のクラスアップならSS-1大阪谷町教室へ

A

この度はご相談ありがとうございます。希学園にお通いなのですね。
学年変わりとはいえ、いきなりの成績急降下に、さぞご心配のことでしょう。

希学園の公開テストは2月から、小学校5年生から6年生に変わります。
そのとき、算数のテストは、配点も4点×25問から、2点×10問+4点×20問と5問増え、制限時間も40分から50分に伸びます。
単純計算をすれば、40分÷25問=1.6分/問であった小5のペースですと、5問増えることにより8分の時間が追加で必要になりますが、実際には10分長くなっています。

「少し余裕が出来た。」と感じてしまうところが落とし穴なのです。
じっくり取り組んで、気がついたら終了時刻が迫っていたという可能性があります。

さらに、もう一つの落とし穴があります。
希学園の場合、小5の公開テストも小6の公開テストもB4縦1枚に印刷されているということです。
問題が5問増えたことと、6年生用として当然のごとく問題のレベルが上がったことにより、6年生の公開テストはほぼ全面びっしりと文字や図などで埋め尽くされています。
これにより、小学校5年生のときと比べて問題の読み取りやすさや補助計算(筆算など)の記入のしやすさが、厳しくなっています。
まず、このような変更点についてご存知おきください。

2月の公開テストで80点までやり直しが出来たということは、決して算数の実力をなくしたわけではないと考えられます。
もう一度、お子様の2月の問題用紙、計算用紙をご確認ください。
計算用紙の利用具合はいかほどでしょうか? 問題用紙に書き込まれた字はいかがですか? 読みやすいものでしょうか? 

家に帰ったら直せるが、テストでは力が発揮できない場合、

  1. 時間配分が上手くいっていない。
  2. いわゆる「ミス」を頻発している。
  3. テストになると緊張してしまう。

といった理由が考えられますが、小5までは問題点をお感じにならなかったことから1.の原因の可能性が高そうです。
時間配分が上手く行かないお子様の場合、希学園の公開テスト、それも6年生ともなれば100点を取ることはなかなか難しいことですから、何問解くかを事前に決めておきましょう。

希学園の小6公開で80点が取れる力ということですと、正答率に直して20%以下の問題はとりあえず後回しにするとよいですね。
問題数でいえば、2以下の4点配点の問題を5問飛ばすことができます。
20問ならば5年生のときと同じ問題数です。決して不可能ではありません。
あとは、おそらくご購入されているはずの前年度の公開テストを用いて練習しましょう。
公開テスト前の練習は、忘れている学習事項のチェックと同時に、問題の取捨選択と時間配分の練習、計算用紙の使い方の確認にポイントがあります。

あとはお母様が希学園の先生とお話をされて、実際には正答率で何%程度の問題まで解くことがお子様の受験目標として適当かのご確認をされるとよいと思います。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で希学園の成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

希学園にお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【希学園】テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

【希学園】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

ベスト塾ガイド
2022年5月16日
特集『中学受験 個別指導のSS-1』
ベスト塾ガイド
日経xwoman
2022年4月15日
特集『中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載』
日経xwoman
日経xwoman「DUAL」
2022年3月23日
特集『22年度の中学入試を分析 4科とも「思考力」が必要』
日経xwoman「DUAL」

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!