• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[浜学園]
浜学園生の合格の決め方冊子を手に入れる

復習テストや公開テストで同じミスを繰り返しています。実力通りの結果を出せる方法はありますか?

最終更新:2017/12/06

Q

浜学園に在籍する小学校5年生の娘のことで相談したいのです。
テストの成績のことで悩んでいます。
浜学園では、毎週の宿題について「復習テスト」が実施されます。
算数や理科のテスト内容は、宿題の数値替え程度なのですが、クラスの平均点に届くことが稀なのです。
クラスがS1クラスで平均点も80点台後半のことが多く、難しいとはわかっていますが、周囲のお子さんが得点しているのに我が子が出来ないとなると先の受験に向けて不安が募ります。
また、月に1度、公開テストもあるのですが、こちらでも成績は良くありません。
ただ、返却後に直しをさせると、すぐに直せる問題があるので得点出来ない訳ではないのに、毎月同じようなミスを繰り返しています。
せめて、実力通りの結果が出せる良い方法はないでしょうか。

A

浜学園の復習テスト、公開テストのことでお悩みなのですね。
それぞれについて対策の取り方が異なるので、まずは復習テストからお話しさせていただきます。

おっしゃる通り、浜学園の復習テストは宿題の数値替え問題となっています。
ですから、宿題消化の精度が高ければ、高得点が可能になるものです。
復習テストでの得点を実現するために、浜学園では説明会などで1回の単元(1週間の宿題)につき、3回宿題を繰り返すことを奨励されています。
確かに、同じ問題を1週間の間に3回繰り返せば、定着も期待できそうですね。

このとき問題となるのが、本当に3回繰り返しをする時間があるのかということです。
4年生までは可能なお子さんも多いようです。
ところが5年生になり、特に夏休み頃からは宿題の内容も難しくなり、1週間の間に3回繰り返すのは難しくなることが多いようです。

ここでは、うまく宿題消化の工夫をして算数の復習テストで良い結果を残したお子さんの例をお伝えしますね。
先に述べましたように5年生後半からは、宿題を3回通して消化する時間は取れないケースが多くなってきます。
特に最高レベル特訓などの選択講座を受講している方はなおさらのことでしょう。

今回ご紹介差し上げるお子さんも最高レベル特訓を受講していました。
このお子さんは、週に2回の算数授業当日の自習時間で宿題の6割程度を解いていました。
自習時間が取れないお子さんは、授業当日に少なくとも半分程度の宿題を済ませてしまう習慣を付けることが望ましいでしょう。

1回目には全問を解いて、2回目には、時間短縮のために1回目に間違えた問題だけを解き直していました。
そして、3回目はテスト直前に全体の見直しをしてテストに臨むことで、テストを受けるときには解き方を悩むことなく受験できるのです。
分からない問題は解説を見たり、先生に質問したりして解決していたのは、みなさんと同じです。
ここで気を付けたいことが2点あります。

  • 自力で問題に取り組む前に必ず授業で習った解き方、考え方を思い出す機会を設ける。
  • 1問当たり5分と時間を決めて、5分で解くきっかけが見つからないときには後回しにする。

確かにお子さんたちが解けない問題に遭遇すると、無駄な時間がたくさん発生しているようですね。
それでは、公開テストではどんな対策が出来るのでしょうか。
実際にSS-1の教室内で実施している対策の一部をお伝えしましょう。

テスト内容を予想して問題を「当て」に行く勉強方法はあまりお勧めしていません。
算数の場合は、教科内容の準備なら普段あまり取り組む機会のない単位換算が適しているでしょう。
理科や社会なら知識分野の復習を実現する絶好の機会ですね。
国語も語句等の知識の復習がお薦めです。
1年分の計画を立てて公開テストのたびに機会をつくれば効果的でしょう。

今回のご相談のように、「返却後のやり直しではすぐに正解するのにテストでは失点してしまう。」というのもよくお聞きするお悩みです。
ここで学ぶ事柄は、よりたくさんの得点をするための技術です。
具体的には次のようなものです。

  1. 問題選択をする。
    自分の知っている問題に○、知らない問題に×をつける。
    テストでは、○のついた問題から解き始める。
    ×の問題には触れなくても良いことを体験して実践を促す。
  2. ミスの理由を検証する。
    自分がどんなミスをしているのかを確かめる。
    そのミスを防ぐことが期待できる具体行動をさがし、実行する。
  3. 行動の有効性を確認する。
    1、2で実行した行動が、どのように効果があったかを共有し、日常的な実践を促す。
  4. ○のついた問題の全問正解を目指します。

気を付けたいのは、必ず具体行動まで落とし込んだうえで実行して頂くことです。
口頭での指示だけでは、テスト現場での実践には至らないからです。
そして、結果を出すためには期間を決めて実践し続け、その期間は待ってあげること、行動している事実を褒めてあげる事が大切ですね。

さて、復習テスト、公開テストの対策について、それぞれ、これまでに成果のあった事例をご紹介させていただきました。
なお、お子様ごとの個性に合わせた細かな点の調整については、ぜひプロの先生にご相談ください。
もちろん、SS-1でご相談いただくことも可能です。
お子さんの課題を洗い出すために、お母さんだけでご相談いただける学習カウンセリングや、お子さんとご一緒の体験授業を無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で浜学園の成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

浜学園にお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【浜学園】テストの成績の事で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

日経DUAL
2019年10月25日
日経DUAL
AERA with Kids
2019年09月05日
AERA with Kids
日経DUAL
2019年08月07日
日経DUAL

メディア掲載実績一覧

講師の著書

中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・文章題
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募