• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[四谷大塚]
四谷大塚生の合格の決め方冊子を手に入れる

6年生なったのに、家庭学習でほとんど集中できていません。どのように集中度を高めていけばよいのでしょうか。

公開:2018/02/07 最終更新:2018/11/27

Q

この2月から6年生になる娘を四谷大塚に通わせています。
もう受験学年だというのに、家庭学習ではほとんど集中していなく、メリハリのある学習をさせたいのですが、テキストから顔を上げると真っ赤な目をしている、また、テキストに肯いているのかと思いきや、実は居眠りだった、というときもあります。
特に冬期講習以降、それが顕著です。
他に習い事はさせていません。
5年後半の学習量に疲れがたまってきたように見受けられます。
どのように集中度を高めていけばよいのでしょうか。
(四谷大塚6年)

A

ご相談いただきましてありがとうございます。
娘さんの集中度、学習姿勢のご相談ですね。

それでは、実行のしやすい方法をお伝えします。
それは、「時間を細かく区分し、そのセットを繰り返させる」というものです。

一般的に、子どもの集中力は3分持てばいいほう、そして持続力のほうは15分が限度である、とも言われます。
もちろん諸説ありますが、大きな違いはなさそうで、あまりの短さに多くの方が意外に思われるようです。
しかし、これは大人に当てはめてみればわかりやすいのですが、大人とて、なかなか難しいときもあります。
ましてや、まだ10・11歳の子どもであればなおさらでしょう。
集中力が続かないのは子どもの特性であり、それをまずは認め、ご理解なさることをお願いします。

また、集中力とともに、「忘れ」も多く、「昨日できた問題が、今日になっては......」というケースもありますね。
大人としてはもどかしく、ときに苛立ちが爆発しまうことだってあるでしょうが、ここで堪え、決して感情的にならず、起きた事実を指摘し、注意をくり返していくことが大人の役割です。
もちろん、ここでの注意とは、「怒ること」ではなく、「叱ること」です。
感情を入れてはいけません。

集中度を高めるために、時間を区分すること。
暗記や理解は3分で一回休み、問題演習は15分で一回休み、というのを目安としてみます。
それが慣れてきたら、少しずつ、広げていきます。
テストは数分や15分というわけにはいかないですね。
しかし、これを繰り返すことで、暗記への効率が上がり、解く際の瞬発力もつきます。
すると、お子さんのやる気も上がってくる、というものです。

少しの長い時間に対する対応力、耐性がついてきても、必ず、小刻みに区分する時間帯のセットはなくさないようにすると良いです。
少し実行不可能な時間内で終わらせることを目標にすると、たとえそれが出来なかったとしても、欲が出てきたり、次回へのリベンジを期したりするなど、本人の中で強い向上心が育まれます。
これを待ちましょう。

まずは、計画表を娘さんと一緒に立ててみましょう。
計画表は、いずれ6年の夏以降にはお子さんご自身で作れるよう伝えてください。
そして、日々、実行にできているかのチェックをかけ、不満が残るものであれば見直しを図りましょう。

ここでのポイントは、親御様がお子様のご様子をよく観察し、本人の学習の妨げにならないようタイミングよく声をかけてあげることです。
前述しましたが、できていないことを責めるのではなく、できていない点を挙げ、ではどのようにしたらできるようになるのか、設定した勉強の時間外でその案を出していく、約束を作っていく、そうした関わりを心がけてください。

上記の方法でも改善が見つからない場合、お子様がアドバイスを受け入れやすい第三者(家庭教師、個別指導など)の協力を求める方がよいでしょう。

お子さんのレベルアップを切に願っております。
その他に何かございましたら、お気軽にSS-1にご連絡ください。

この度は、ご相談いただきまして有り難うございました。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メディア掲載

日経DUAL
2019年05月13日
日経DUAL
インターエデュ・ドットコム
2019年04月05日
インターエデュ・ドットコム
AERA with Kids
2019年03月05日
AERA with Kids

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募