• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]
早稲田アカデミー生の合格の決め方冊子を手に入れる

志望校のNN志望校別コースがない場合、土曜・日曜はどのような勉強をさせれば良いでしょうか?

最終更新:2017/09/04

Q

早稲田アカデミーに通う6年生の母です。
娘の友だちの何人かはNNに通っていますが、娘の志望校はNN志望校別コースがあるようなレベルの高い学校ではありません。
日曜や土曜に我が子にどのような勉強をさせれば良いのか分からず不安です。
塾からは、塾で出す宿題をこなせば心配はないと言われているのですが。
NN生は多くの宿題を課され、そのおかげで学力も伸びていくということを聞き、それを思うと不安は募ります。
もし良いご助言がございましたら、教えてください。
(早稲アカ 6年)

A

ご相談ありがとうございます。
9月以降の、受験に向けての家庭学習のご相談ですね。
NN(学校の冠がついたコース)に通っている受験生には、該当する受験校に向けてNNからの具体的な学習内容が期待できますが、NNに該当校がない場合、不安になってきますね。
どのように過ごしていくべきか、予めの作戦立てが必要です。

中学受験生が9月以降にすべき勉強に関しては、2つの柱を作るものです。
一つは「要点整理の学習」です。
典型的な問題をきちんと正解させられるように、「四科のまとめ」以外にも「バックアップテキスト」「基本事項」などを反復していく勉強です。
反復教材に関しては、サピックスや日能研の市販教材の使用も良いでしょう。
もちろん、これは確認すべき量や演習量が不足していると感じられた場合のみです。
あれもこれもと手を広げるのは、却って理解不足を招いてしまうことを認識されてください。

「要点整理の学習」は、塾が指示およびチェックをしてくれるかもしれません。
ただし、全面的に任せるのではなく、「漏れ」がないかどうかの細心の注意は必要です。

もう一つは「志望校対策」です。
受験校の過去問を解き、得点出しのみならず見直しをし、その学校の出題傾向を分析したうえで、お子さんが実際の入試において合格者最低点を上回るための具体的な方策を決定、実行する、というものです。

注意すべきはこの「志望校対策」の方です。
べての非NN生に言えることですが、NNがないため、どうしてもこの「志望校演習」に関しては脆弱になりがちです。

「志望校演習」を入れた際に、必ず注意しなければならない点をお伝えします。
それは、「時間不足」に陥ることです。
「志望校演習」はただ解けばいいわけではありません。
実は、解いた時間以上に、「直し」と「分析」と「対策」とで時間が想像以上にかかるものです。
この「対策」は、前述した「要点整理の学習」と密接に絡んできますね。
むしろ、この「直し」と「分析」と「対策」のほうが大切だと言えます。

もちろん、志望校によっては「要点整理の学習」のみで、合格者最低点を超えられる場合もあるでしょう。
しかし、そうではない場合は、当たり前ですが、ご家庭で「直し」と「分析」、「対策」を行わなければなりません。
第一志望校や第二志望校など、優先順位の高い学校に多く挙げられるかと思います。

ここから、月ごとの学習のイメージをお伝えします。
あくまでもイメージですので、この限りではありませんが、確認してください。

9月の過去問演習に関しては、敢えて着手せず、一つめの「要点整理の学習」を中心に取り組む科目もあろうかと思います。
理科や社会がそうでしょう。

10月になると、土日に過去問演習を入れます。
実際の入試と同じ時間で行って、4科目やり切るだけで基本的には3時間近くかかるはずです。
休み時間も実際の入試にそろえるほうが、ご本人の臨場感の面でも良いでしょう。
この休み時間では解いた科目の見直しはさせず、次に解く科目のチェックをするといった、本番さながらの方法を学ばせます。

11月は、塾では当月の模試の結果を中心に、過去問の得点状況もあわせ受験校の決定をする月です。
ご家庭では、お子さんご自身の過去問の得点をもとに、「対策」に多くの時間をかけるべき月でもあります。
ここで苦手分野の克服を終わらせられるように持っていく必要があります。
仮にここで積み残しがあった場合には遅くとも翌12月に克服する、という締切があると安心でしょう。
逆に、苦手分野の克服を11月でなく12月までに、と設定してしまうと、積み残しがあった場合、克服は翌年1月となってしまいます。
計画性の面で少し心許なく、実際に慌ただしくなりますね。

12月は、振り返りと予想へとスライドしていくのですが、お子さんご自身の中で、単なる見直しではなく、受験校の出題傾向や内容の言語化が必須条件となります。
国語や理科、社会の暗記事項は継続させます。
志望順位が高い学校の積み残し単元の克服、さらに優先順位の低い併願校の演習、とかなり目的のはっきりした月間となるでしょう。
併願校の演習に関しては、時期の面では急を要するわけではありませんが、年内中にはあらかたの着手はしてほしいところです。
これも、1月に入って慌てて、などということのないようにしましょう。

土日にそれぞれ2校分に取り組んだとすると、解くだけで2日間で合計6時間近くかかります。
繰り返しになりますが、そのうえで、前述の「直し」、「分析」、「対策」をするわけです。
これを複数年分、取り組みます。
併願校すべてを含み、「見直し」・「分析」・「対策」が年内中に終えられることを目標にしてください。
かなり内容の濃い、充実した時期になるはずです。

お子さんの学力向上を切に願っております。
その他に何かございましたら、お気軽にSS-1にご連絡ください。
この度は、ご相談いただきまして有り難うございました。

中学受験に役立つ受験情報を無料メールマガジンで配信しています。

塾のクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 志望校合格の方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、毎月成績をアップさせる情報や学習セミナーのご案内をお送りします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

AERA with Kids
2019年06月05日
AERA with Kids
プレジデントFamily
2019年06月05日
プレジデントFamily
プレジデントFamily 中学受験大百科
2019年05月31日
プレジデントFamily 中学受験大百科

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験
中学受験
すらすら解ける魔法ワザ
算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる
謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる謎解き算数ドリル
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル

講師の著書一覧

SS-1講師応募