• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
SS-1テラス
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]

志望校のNN志望校別コースがない場合、土曜・日曜はどのような勉強をさせれば良いでしょうか?

最終更新:
志望校のNN志望校別コースがない場合、土曜・日曜はどのような勉強をさせれば良いでしょうか?

Q

早稲田アカデミーの三軒茶屋校に通う6年生の母です。
娘の友だちの何人かはNNに通っていますが、娘の志望校はNN志望校別コースがあるようなレベルの高い学校ではありません。
はじめての子どもなので、この先、土日にどのような勉強をすればよいかも、そもそもどのような日々が待っているかも分かりません。
塾からは、塾で出す宿題をこなせば心配はないと言われているのですが。NN生は多くの宿題を課され、そのおかげで学力も伸びていくということを聞いて、不安な気持ちになっています。

早稲田アカデミーのクラスアップならSS-1渋谷教室へ
SS-1テラス

A

この度はご相談ありがとうございます。早稲田アカデミーにお通いなのですね。

志望校に特化したNN志望校別コースが無い場合、不安になるお気持ちはよく分かります。

多くの場合、中学受験生の9月以降の学習は「2つの柱」で構成されます。

ひとつは「要点整理」です。

典型的な問題をきちんと正解させられるように、「四科のまとめ」以外にも「バックアップテキスト」「基本事項」などを反復していく勉強です。
必要に応じてサピックスや日能研の市販教材などを使用するのも良いですが、あれもこれもと手を広げるのは、却って理解不足を招いてしまう可能性もあります。

塾の通常の授業や宿題の中でも、問題を解いて直す、という形で「要点整理の学習」は続きますが、まとめ教材を使った「モレ」の無い勉強も非常に重要です。

もうひとつは「志望校対策」です。

受験校の過去問を解き、添削・解き直し・出題傾向の分析を済ませ、お子さんが実際の入試において合格者最低点を上回るための具体的な方策を決定、実行する、という作業です。

NNがないお子さんの場合、どうしてもこの「志望校演習」が脆弱になりがちです。

志望校によっては「要点整理の学習」のみで合格者最低点を超えられる場合もあるかもしれません。
しかし、そうではない場合は、まずは過去問を解き、その上で「直し」「分析」「対策」を行わなければなりません。

家庭では「直し」だけでも大変です。
「分析」や、「対策」として具体的に何をやるかを考える部分では、できるだけ塾の先生に相談されることをお勧めします。

9月の時点では、まだ「要点整理の学習」を中心に回していくのもありです。
ただ、漢字やことわざ、慣用句などの知識が夏までの学習である程度固まってきている場合、国語は比較的に早めに過去問演習に入れるかもしれません。

10月になると、土日に過去問演習を入れていかれるご家庭が多いようです。
4科目「解くだけ」でも3時間近くかかります。
直しまで考えると、かなりの大仕事です。

学校別オープンを受検するような受験生は、過去問演習を第一志望から始めることもありますが、多くの場合は、お子さんとの相性が良い併願校から始めて、徐々にできることを増やしていくような進め方が理想的です。

11月ころになると、模試の結果や過去問の得点状況もふまえて、ほとんどの方の受験校が決まっていきます。

志望校合格に必要な苦手分野の克服は、11月から12月までの間に完了させる覚悟で動かないと1月がかなりキツくなります。

12月から1月にかけては、冬期講習と前後して、お子さんとともに受験校ごと・科目ごとに、解く際に気を付けることや解く順番などを言葉にしていかねばなりません。
この作業を怠ると、本番、試験開始とともに、緊張して頭が真っ白になり何もできずに終わる、ということもあり得ます。

1月入試も、対策ゼロで臨むと「万が一」があり得ますので、それなりの対策が必要です。

ここまで非常にザックリとではありますが、9月以降の「よくある」受験生の動きをまとめてみました。

すべてを「家庭」のみで行うのは至難の業です。

早稲田アカデミーの先生方の中には、かなり一生懸命、生徒たちの過去問を見てくれる先生もいらっしゃいます。
ただ、それはあくまでも「善意」ですし、先生たちにも体力や時間の限界はありますので、すべての科目のすべての先生にそれを要求することはできません。

ご家庭でどこまではできそう、どこまではできそうにない、というのをある程度整理した上で、どこまで助けてもらえるか相談してみましょう。

残り5か月、お子さんができる限りの対策をされた上で入試に臨まれるよう願っています。

この度は、ご相談いただきまして有り難うございました。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で早稲田アカデミーの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

早稲田アカデミーにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【早稲田アカデミー】家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

【早稲田アカデミー】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

朝日新聞デジタル
2021年12月19日
特集『中学入試の時事問題 何が出る?どう対策? 塾講師がずばり予想』
朝日新聞デジタル
朝日新聞
2021年12月18日
特集『中学入試 時事問題の対策は』
朝日新聞
日経DUAL
2021年12月8日
特集『中学受験のプロ講師が予測 2022年度社会時事問題』
日経DUAL

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!