• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
SS-1テラス
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

塾別 成績の上げ方[早稲田アカデミー]

各科目の学習の時間配分はどのようにしたらよいでしょうか?

最終更新:2019/11/27

Q

各科目の学習の時間配分はどのようにしたらよいでしょうか。
やはり算数、国語を中心にすすめればよいでしょか。

早稲田アカデミーのクラスアップならSS-1渋谷教室へ
SS-1テラス

A

教科間の勉強時間配分のご質問ですね。
宿題などが多くなってきて時間のやりくりが大変になってくると悩みも大きくなりますね。

特に早稲田アカデミーは、「Wベーシック」と「予習シリーズ」とのやりくりだけでも大変ですし、上位クラスになると「上位校への算数」など教材がさらに増えてきますから、学習時間がいくらあっても足りないという状態に陥りがちです。

YTネットの週例テストを受験なさっていると、解説講座とその後のやり直しとで土曜日の大半を塾で過ごすことになります。
その分、家庭での学習時間が限定されてしまい、科目バランスが崩れた時の対処が難しくなる傾向もありますね。
ですから、早稲アカにお通いの方が科目ごとの学習時間を考える時は、つまずきや遅れが生じた場合の対処がしやすいかどうかを考慮しておくことが賢明です。
後になって取り返すのが難しい科目は、日頃の学習で優先的に取り組むようにしましょう。

そして、取り返しが比較的しやすい科目は、優先科目に比べて限られた時間の中で集中して取り組んでいくことになります。
基本的には国語、算数中心となるでしょう。
国語は、問題文の意味を読みとる力に直結しますから他教科にとっても重要な科目ですし、算数は単元の理解不足を作ってしまうと取り戻すのに時間がかかる科目だからです。
国語、算数で穴を作ってしまうと、取り返す時間を見つけるのはなかなか難しいでしょうね。
最近の入試では国語、算数の力を重視して、理社の配点を国算より少なく設定する、「傾斜配点」を採用する学校も増えていることにも注意が必要です。

国語と算数の時間バランスについては、お子さんの得意不得意によって決まってきます。
一般的には算数の方に時間がかかります。
しかし、算数の力に対して極端に国語を苦手にしている場合は、日常生活の中での文章経験、語彙が不足している可能性が高いので、一時的に国語の学習時間を増やす必要があるかもしれません。
お子さんの学習状況を正確に分析して、必要な学習量を割り出してください。

さて国語、算数に比べて時間が制約されがちな理科、社会ですが、5年生、6年生の時期に応じて取り組むべき時間配分が変化していく点に注意が必要です。
一口に理科、社会といってもその単元によって理科には生物・植物などいわゆる「暗記系の単元」と、物理・化学などの「計算系の単元」とがあります。
暗記系は得意だけれど計算系が苦手なお子さんもいれば、その逆の場合もあります。
社会にも「地理」「歴史」「公民」の分野があり、それぞれの分野について得意不得意が分かれてきます。
つまり、お子さんがどの単元、分野を苦手にしているかによって、理社の学習に必要な時間が変わってくるのです。
ですから、塾のカリキュラムを先の方まで確認しておいて、お子さんが苦手にしそうな単元が出てくる時期には理社の学習時間を多めに確保する工夫が必要です。

SS-1では毎月の月例面談において、2~4ヶ月先のテスト・カリキュラムを考慮に入れた学習プランを、会員の方にアドバイスしています。
そこでは、お子さんの国語、算数のこれまでの学習状況をもとに、塾のカリキュラム内容・難度、テストスケジュールなどを勘案し、お子さんの理社学習が今後どのようになりそうかの予測を立てるのが常です。
近年の中学受験においては、限られた時間の中でお子さんの力を十分に発揮させてあげるために、お子さんを支える大人が精緻な学習プランを作る必要があるからです。
ご家庭でも、可能な範囲でプランニングを行っていただき、お子さんにとってより良い学習バランスを見つけ出していってください。

最後に、時間配分を行う上でのコツを一つ。
国語、算数の勉強で時間が取られすぎて、理社にしわ寄せがいきがちな方へ。
1週間のスケジュールを決める際に、理科、社会の最低限必要な勉強時間を先に決めて(何曜日の何時から何時までと決めて)しまいましょう。
その後で算国の勉強時間を入れていくのです。
こうすることで、理科、社会に全く時間がとれないということが防げます。
理科、社会は覚えて答える問題も多いので、勉強時間をとれば点数につながりやすい科目です。上手に時間を使ってください。

この相談に答えた講師
中学受験 個別指導のSS-1
中学受験 個別指導のSS-1でプロ講師をしている管理人です。本コーナーは中学受験を目指すご家庭のお母さん、お父さんから実際に成績や学習に関するお悩みについてご相談いただいた経験をもとに発信している中学受験ブログです。皆さまの中学受験のお役に立ちましたら幸いです。

SS-1とは…「今、やっておくべき学習」だけをプロ講師が効率良く教え、最短で早稲田アカデミーの成績を上げることで、中学受験を成功に導く完全1対1の個別指導教室です。

早稲田アカデミーにお通いで、もし成績がなかなか上がらないとお悩みであれば、今すぐに成績が上がる学習に切り替える必要があります。SS-1では、初回の体験授業で「お子さんが成績を上げるための学習方法」をご提示できます。お子さんの成績でお悩みの方は、まずはSS-1の授業をご体験ください。

中学受験に役立つ受験情報をLINE公式アカウント・メールマガジンで配信しています

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

塾のクラスを上げるには? 
成績を上げる方法とは?

SS-1のLINE公式アカウントまたはメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

LINE QRコード
友だち追加

無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご購読はこちら!

[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【早稲田アカデミー】家庭学習の方法で悩んでいる方にオススメの記事

【早稲田アカデミー】そのほかのオススメの記事

資料請求のお申込み
資料請求のお申込み
 中学受験に役立つ情報満載のSS-1のメールマガジン
  • 塾のクラスを上げるには?
  • 成績を上げる方法とは?

中学受験専門の個別指導ノウハウが詰まった無料のメールマガジン『Challenge Eyes』にご登録いただくと、塾の成績アップに役立つ情報や限定セミナーのご案内をお届けします。

メールアドレスを入力

メルマガ会員限定コンテンツのダウンロードはこちら

会員限定コンテンツとは?

メディア掲載

テラコヤプラス
2021年9月21日
特集『「中学受験 個別指導のSS-1」は保護者との連携に力を入れる!オンラインを活用した新たなサービスとは』
テラコヤプラス
AERA with Kids
2021年9月5日
特集『親子で学ぶ時事ニュース』
AERA with Kids
日本経済新聞
2021年9月14日
特集『中学受験、やる気を後押し』
日本経済新聞

メディア掲載実績一覧

講師の著書

今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る
「今さら聞けない! 世界史のキホンが2時間で全部頭に入る」をAmazonで買う
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
今さら聞けない! 政治のキホンが2時間で全部頭に入る
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
カリスマ先生が教える おもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史
CD2枚で古代から現代まで
聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史
中学受験
見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
中学受験 見るだけでわかる社会のツボ
楽しくおぼえてアタマに残る
謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き 社会用語
頭がよくなる 謎解き
社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
頭がよくなる 謎解き 社会ドリル
成績アップと
合格をかなえるコツとわざ
もう悩まない中学受験

講師の著書一覧

SS-1講師応募

オンライン対応!