• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

【動画】サピックス・日能研・四谷大塚、7月組分けテストまでにできること

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生

テキストに載っているような問題はテストでは出ない

「読み間違いが多くて・・・」
「テキストの問題はできるのですが、ちょっとひねられると。。。」
「ケアレスミスがなくなりません!」
「テストで間違った問題も、直しではできるんです...」

こんなお悩み、日々多くお聞きします。

そんなお子さんの多くは、勉強をサボっているとか、塾の授業を聞いていないとか、そんなことはないのです。
ただ、勉強のしかたがあまり上手ではないようです。

塾では、授業で習った問題やその類題(テキストに出てきているもの)を宿題として演習してくるよう指示されます。
それはそれで間違ってはいないのですが、テストにはそのものは出ません。
少なくとも偏差値50を超えるには、「テストに出るタイプの問題」を解いておく必要があるのです。

では、テストにはどんな問題が出るのでしょう。

「ちょっとしたひっかけ」にいとも簡単に...

たとえばこんなことを考えてみましょう。
「1から9までの奇数の和は?」
という問の答えは25です。
もちろん

1+3+5+7+9=25

でもいいのですが、1、3、5、7、9を次のように碁石の個数と考えてならべると、別の計算方法があることもわかってきます。

図

1+3+5+7+9=5×5=25

「1から始まる5個の奇数の合計は『個数×個数』で出すことができる」という「公式」です。
中学受験を目指す小学生の多くが知っている公式ですが、

1+3+5+7+・・・・・・・・+97+99=

といった問題で便利に使えます。

ただ、「奇数の合計は『個数×個数』」に頼り切っていると、

1+3+5+7+9+11+15+17+21=

といった問題(意地悪問題ですね。「13」がありません)にいとも簡単に引っかかってしまうのです。

入試にはない「ひっかけ」ですが・・・

上記のような「ひっかけ」は、実は入試にはあまりありません。しかし、塾の模試ではときどき見かけます。

「●●といえば■■」といった「パターン記憶と瞬時の反応」ばかりの勉強になっていると、いとも簡単に引っかかってしまいます。
そうならないための勉強法として、動画では「納得ずく」の勉強に変えることを説明しています。

ぜひ動画を参考にしてくださいね。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室19年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。