• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

【動画】5年生の後半から成績が下がった原因を見つける方法とは?

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生

どこでつまずいたかを知る

「5年生の後半から成績が下がってしまって...」というご相談は多いものです。
よかった成績が下がってしまっては、親御さんも心配でしょう。
まずは慌てず、どの科目の、どの単元でつまずいているのかなど、成績が下がった原因を見つけることから始めましょう。

特定の科目が足を引っ張っているのであれば、その科目のどの単元でつまずいているのかを調べます。
サピックスならマンスリーテスト、日能研ならカリキュラムテスト、四谷大塚なら週テストなど、各塾とも範囲が決まったテストがあります。
それらが大きな手がかりになりますね。

点数や偏差値表だけでなく、小問ごとの出題内容などを見て、テキストのどこに戻って復習すれば解決しそうかを考えましょう。
ここまでのプロセスをお子さん任せにすると、復習するまでにずいぶん時間がかかってしまいます。
ある程度は親御さんが手伝ってあげる必要がありますね。

何がわからないのかはっきりさせよう

たとえば「速さが苦手」とします。
もしもお子さんがサピックスに通っているなら、速さに関する問題は春に「旅人算」「ダイヤグラム」の単元で学習します。
その後秋にも「旅人算」「流水算」「時計算」「通過算」と出てきますが、このうちどこに問題があるかです。

もしも春の段階ですでにあまり理解できていなかったのなら、4年生で習った「速さ」の単元まで戻る必要があるかもしれません。

このように、何がわからないかをはっきりさせることが、実は苦手克服でもっとも大切なことです。
これを「だいたい」で始めてしまうと、やらなくてもいい問題まで余分に演習することになり、ついつい「また今度」になりかねません。

動画では、ピンポイントで「やるべきこと」を抽出するプロの視点を説明しています。

次のチャンスはゴールデンウィーク

絶好の復習、苦手克服の機会であった春休みが終わった4月中旬の段階で「心配な科目、単元がまだ残っている」というなら、次の復習のチャンスはゴールデンウィークです。

サピックスのGS特訓のようにゴールデンウィーク期間を使ったイベント授業を開講する塾もあります。
教室によって「算数特訓」のような単科講座を設ける塾もありますね。

このようなイベントや授業に関しても、動画では受講の注意点を説明しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室19年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。