• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

6年生のスタートダッシュは11月のテストから!~サピックスの場合~

6年生のスタートダッシュは11月のテストから!~サピックスの場合~

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋がやってきました!

中学受験では「テストの秋」とも言えますね。

特に6年生には受験校を決めるための大切なテストが沢山あります。

サピックスでは、
慶應湘南藤沢・灘・聖光学院・麻布・栄光・開成・慶應義塾中等部・慶應義塾普通部・駒場東邦・武蔵・早稲田・早実・早大学院・桜蔭・女子学院・雙葉・筑駒・豊島岡
の学校別オープンが行われます。

四谷大塚でも、
開成・麻布・武蔵・駒場東邦・桜蔭・女子学院・雙葉・筑駒・栄光・聖光・慶應義塾中等部・フェリス・灘
の四谷学校別判定テストが行われます。

6年生は「テストの嵐」ですね!

一方、5年生にとってもこの時期のテストは、6年生のスタートダッシュが上手くいくかどうかを占う重要なテストです。

サピックスを例に、具体的に見ていきましょう。

6年生の2月からのクラスはその1ヶ月前、来年1月に行われる「入室・組分けテスト」の成績で決まります。

「マンスリーでは点を取れるんだけれど組分けになると...」というお子さんも多いと思います。

この1月組分けテストで結果を出すために、どのような準備をすればよいでしょうか。

まずは、日々の学習を確実に定着させていくことは絶対条件です。

その上で、マンスリーテストと組分けテストの問題の違いを確認しておくのです。

普段のマンスリーと違い、組分けテストは実力テストです。
色々な単元から問題が出題されます。
そして、ふだんのマンスリーテストよりもレベルの高い、踏み込んだ問題が出題されます。

まずはそのことを踏まえ、単元に「穴」がないか確認しておく必要があります。

そのために
1.5年生で受験した組分けテストの振り返り
2.問題構成に共通点のあるサピックスオープンの振り返り
をしておきます。

もう一度時間制限を設けてテストに取り組み、
1.知識の漏れをチェックする
2.自力で解ける問題を全問正解できているかチェックする
3.全てを解けない問題でも部分点が取れるかチェックする
といったことを行っておくのです。

組分けテスト、サピックスオープンは難しい問題が出題されますが、逆にいうと難しい大問は(1)のみ手堅く正解し、あまり差がつかない難問の(2)や(3)は後回しにする、といった戦略で解いたほうが結果に結びつくことがあります。

そういったことを過去のテストで振り返り、11月の志望校診断サピックスオープンを迎えましょう。

つまり11月の志望校診断サピックスオープンを「1月の組分けテストの予行演習」と位置づけるということです。

もちろん、組分けテストに不安がないお子さんは、この志望校診断サピックスオープンで志望校合格の可能性をチェックし、次の勉強に活かしていけばよいと思います。

ただ、組分けテストに不安があるお子さんの場合、「志望校診断」と「組分けの準備」の2つを同時に課すると二兎を追う者...になる危険性があります。

まずは1月の組分けテストで希望のクラスを確保し、「6年生4月の志望校判定サピックスオープンへの足場を築く」というように階段を一歩ずつ上がっていきましょう。

この階段の上がり方ができれば、6月の志望校判定サピックスオープンと7月の組分けテストから6年生の夏期講習を希望するクラスで受け...という次のステージにも結びついていきます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
☆ 6年生のスタートダッシュを決めるポイント☆
1.過去の組分けテストなど、苦手なタイプのテストを振り返る。
2.目標とするテストの一つ前のテストに照準を合わせる。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。