• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

【動画】5年生志望校診断サピックスオープンから「実力テストで点が取れる」勉強法を知ろう

 
カテゴリー:サピックス 勉強方法 小学5年生の勉強法 日能研

5年生の秋はテストラッシュ

11月、サピックスの5年生はマンスリーテストに加え、「第2回 志望校診断サピックスオープン」がありますね。
範囲がない実力テストです。
そして年が明けて1月、いよいよ「新年度 組分けテスト」です。

日能研の5年生は毎月の公開模試「実力判定テスト」に加え、12月24日に「合格判定テスト」があります。

他塾も同様、いろいろな実力テストがありますね。
各塾とも、ここからの5年生はテストラッシュです。
しかも受験学年である6年生スタートのクラスが決まる、重要なテストばかりです。
実力テストになると
「範囲が決まったマンスリーテストはいいんですが・・・」
「カリテなら点が取れるのですが公開模試になると・・・」
「週テストと公開テストの結果が違いすぎて・・・」
「家に帰って直しをすればできるのに、テストでは間違うんです・・・」
「ミスが多くて・・・」
というご相談が増えます。

実力テストで点が取れない原因は・・・

実力テストは決まった範囲がないので対策できない、と多くの方は考えるのですが、そうでもありません。
なぜなら、実力テストは範囲がありませんが、「点のとり方」はあるからです。
しかし、問題が解けなければ点にはなりません。
その意味で「実力」は必要です。
しかし、多くのお母さんが「うちの子は実力テストで点が取れない」と感じておられるのは、学力がない、ついていないというよりは、「本来取れるところで取れない」ということが原因になっている場合が多いようです。
何らかの理由で、正解できるはずの問題が正解できない。
「これくらいはできるはず」と親御さんが思うような問題をお子さんは間違ってしまう。
テスト前半の問題は単なる計算問題だったり、1行~3行くらいの「パターン問題」ばかりなのに、どうして?
そんな歯がゆさがお母さんたちを悩ませているのです。

家で解き直してみるとできるんです。

こういうご相談も多いです。
問題は、テストのときになぜできなかったかです。

・計算ミスをした
・時間がなく焦っていた
・読み間違いをしてしまった

いろいろな理由があると思います。
また理由は1つとは限らず、複数の要因が絡み合っています。
では、実力テストでしっかり結果を出すには、どのように勉強を進めていけばいいでしょうか。

今回は動画で、「第2回 志望校診断サピックスオープン」の算数の過去問を例にあげ、実力テストで点が取れるようになる勉強法を説明しています。
ぜひ参考にしてくださいね!

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。