• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

うちの子、「速さ」の問題を公式にあてはめているだけ?

 
カテゴリー:勉強方法 四谷大塚 小学5年生の勉強法 日能研

日能研、四谷大塚など主な塾で5年生が秋に学習する「速さ」。
もうお子さんは塾で「速さ」の単元を学習したでしょうか。

■速さ・時間・距離を求める「速さの三公式」とは

速さ × 時間 = 距離
「はじき」と覚えたりする、速さの三公式。

この式から
・速さを求める問題
・時間を求める問題
・距離を求める問題
の3つを求めることができるので、三公式と言います。

でも、公式を覚えているはずなのに、ときどきとんちんかんなことをしてしまう・・・

速さ × 時間 = 距離
この公式さえ覚えていれば、

距離 ÷ 速さ = 時間
距離 ÷ 時間 = 速さ
これらの2つの式もすぐに出てくるので、基本問題は間違いなく解けるはずなのに、なぜ解けないのでしょうか?

実は、基本的な速さの問題で間違ってしまうお子さんは、速さの公式を覚えていないから間違うのではありません。

■「速さ」の単元で間違える原因は「公式のまる覚え」にあり

1時間、1分、1秒あたりに進む距離が「速さ」です。
速さに時間をかけると、進んだ道のりが計算できます。

速さ × 時間 = 道のり(距離)

これを
は(やさ) × じ(かん) = き(ょり)
で、「はじき」と公式として覚えたりするわけですが、他の単元と同じく「公式のまる覚え」になってしまっては、応用問題などには太刀打ちできません。

公式よりも「速さの感覚」を身につけるのが大切なのです。

もしもお子さんに関して
「基本的な速さに関する感覚、概念をつかんでいないのかな」
「公式にあてはめて計算しているだけ?」
と思う方は、ぜひ動画を参考にしてみてください。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。