• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

【動画】中学受験 てこやばねの計算問題に強くなろう(1)

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生

2018年度 東京、神奈川の中学入試も、2月1日からついに始まりました!
今日2月2日は雪の予報でしたが、地域によって影響に差があるようです。
入試時刻を順延している学校もあるようですね。

受験生である6年生は、ぜひ全力を出し切ってください!

さて、本日ご案内する動画は、「力学計算に強くなろう(1)」です!
多くのお子さんがつまずく「基本問題と応用問題の境目」についてお話します。

基本問題は解けるのに...

てこやばねといった計算問題、いわゆる力学計算の単元、苦手としているお子さんが多いですね。

テキストの基本問題はできるのに、応用問題になると基本問題と同じ解き方で解けると思えない、そんな声も多く聞きます。

では、どうして応用問題になると「おおもととなる考え方」は同じはずなのにわからなくなってしまうのでしょうか。

そのポイントは「おおもととなる考え方」のとらえ方にあります。

てこの考え方は「おもりの重さ×支点までの長さ」ですが...

てこの問題の計算方法は、棒の右まわり、左回りについて、
「おもりの重さ×支点までの長さ」
が等しくなるよう計算する、というのが正しいのですが、ここでつまずくお子さんで多いのが、
「そもそも、支点はどこ?」
となってしまっているケースです。

棒の真ん中支点があり、左右におもりがぶら下がっている、右図のような問題はほとんどのお子さんが解けるのです。

では多くのお子さんがつまずくのはどんな問題で、どうやって解決すればいいの?

ぜひ動画を参考にしてみてください。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。