• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

【動画】6年生12月、過去問で合格点がとれません

 
カテゴリー:勉強方法 小学6年生の勉強法

過去問演習の結果、合格最低点に10点~20点足りません...

6年生の12月。もう入試は目前です。
この時期はもう学習の中心は、志望校の過去問。
その過去問演習で、取らなければならない「合格最低点」が取れないとなると、お子さんも親御さんも焦りの気持ちで一杯になるかもしれません。

同じ学校を目指す他のお子さんが「合格点」をとっていたりしたら、なおさら焦りの気持ちは強くなります。
入試までひと月あまり、この段階で過去問の合格最低点がとれていないのなら、いっそ志望校を諦めるのがよいのでしょうか?

入試会場ではみんなが緊張している

中学入試の試験会場、つまり志望校の校内は、試験日には特別な雰囲気に包まれます。
多くの進学塾から激励のために講師たちが訪れ、学校によっては数千人の受験生とその家族、関係者でごった返します。

そんな状況の中で、わずか11歳、12歳の小学6年生に「緊張するな」というほうが無理な話。受験生はみな緊張状態にあります。
その緊張状態の中、ふだんの過去問演習通りの実力、結果を出せる子のほうが稀なのです。

諦めず受験する場合、どんなことを心がければいいの?

過去問演習で「合格最低点」から10点、20点足りなかったのを、入試当日逆転することは、果たして可能なのでしょうか。
この動画では、過去問演習で10点、20点足りない子が諦めずに受験する場合に、どのようなことに気をつければいいか解説しています。

ぜひ動画を参考にしてくださいね。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。