• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

時差計算を完璧にしよう

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生の勉強法

桜も開花し始めているというのに、肌寒い日が多いですね。
しかしだんだん厚いコートもいらなくなってきました。

■理科でも社会でも出てくる時差計算の問題

さて、今週の動画は「時差計算を完璧にする」がテーマです。
頻出というほどではないですが、天体分野の応用問題でちらほらと出題される、時差計算。
社会科での出題もありますね。

時差は地球上の場所の違いによってできます。
場所によって異なるのは、各国が「この場所で太陽が南中した時が正午」と決めている標準時子午線が違うからです。

日本では東経135度で太陽が南中した時が正午と決めているのは、お子さんたちも覚えていると思います。

時差は経度の違い15度につき1時間で、国同士の経度の違いによって計算することができます。

たとえばシンガポールは日本より15度西にあるので、時差は1時間です。
東にある国のほうが先に太陽が南中しますから、日本が正午とのきシンガポールは午前11時ですね。

さてそんな時差計算ですが、
「全然できないわけではないけれど、完璧ではない」
など、ちょっと自信がないお子さんも多いと思います。

■時差の問題の解き方のポイントとは?

動画では、時差計算で押さえておかなければならないポイントを、3つに絞って解説しています。

1. 地球上を東に移動するときは時計の針を進め、西へ移動するときは時計の針をもどす
2. 経度15度につき1時間で計算する
3. 日付変更線を越えないように計算する

動画で詳しい解説を見て、お子さんにも教えてあげてくださいね。

「成田から17時の飛行機に乗ってニューヨークまで13時間かけて行ったら、現地時間の何時に着くのか」
などリアルにシミュレーションしても楽しいかもしれませんね。

ぜひ動画を参考にしてみてくださいね。

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。