• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー

新年度 授業の受け方を工夫して成績を上げよう

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生の勉強法

もう1月も終わり、6年生はいよいよ東京都、神奈川県の入試日を目前に控え、緊張感のある1日1日を過ごしていることと思います。

5年生までのお子さんは、塾での新しい学年がまもなく始まりますね。
ぜひいいスタートを切りたいものです。

■お子さんは授業をまじめに聞いている

さて、塾の授業についてお母さんたちからよく聞く話として
「うちの子、ちゃんと先生の話を聞いているのかしら・・・」
というものがあります。

塾でちゃんと教えてもらったはずなのに、家で問題を解かせてみるとできない。
「もしかしたら、塾の先生の話をまじめに聞いていないんじゃないかしら。。。」
そんなふうに思うお母さんもいるようです。

でも、心配しないでください。ほとんどのお子さんは、まじめに聞いています。
・・・でも、先生が言ったことを全部理解して聞いているかといえば、そうではないかもしれません。
つまり、聞き逃している可能性があるのです。

■まじめに授業を受けていても聞き逃してしまう

塾の先生が話すスピードは、学校より速いです。
授業テンポも、感覚的には学校の1.5倍くらいでしょうか。

先生が黒板に書いたものを写しているうちに、次の説明が始まって、それを聞き逃したばっかりに、どんどんわからなくなってしまう・・・。
塾ではそんなことが起こることがあります。

先生が書くのは字や数式だけではありません。
図や表など、様々なものを黒板に書いて子どもたちに理解させようとします。
それを写すのは必要なことですが、それで説明を聞き逃すと本末転倒ですね。

■授業の受け方で「聞き逃し」を防ぐ

黒板に書かれたことを一生懸命ノートに写しているうちに、先生が次の説明を始めて、それを聞き逃してしまう・・・

塾では結構よくあることです。

このような「聞き逃し」を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

SS-1副代表の辻義夫が、「授業をよく聞いて理解する」ことに集中するための工夫について、わかりやすく動画で説明しています。

ぜひご覧になってみてくださいね!

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。