• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
SS-1テラス
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

【動画】読解力が求められる関東の算数にどう向き合うか ~関東と関西の算数の違い④~

 
カテゴリー:勉強方法 小学5年生の勉強法 小学6年生の勉強法

SS-1からお届け!中学受験サポートの最前線

読解力が求められる関東の算数にどう向き合うか ~関東と関西の算数の違い④~

※文章化にあたり、一部文言を修正しています。

馬屋原:皆さん、こんにちは。SS-1副代表の馬屋原です。
8月はSS-1 下北沢教室からオンライン教室の責任者を勤めている今津と一緒にお送りしてます。

第4回となる今回ですが、先週、関西の算数に比べて関東の算数はですね、易しく見えるかもしれないが、別のところで「問いの意図を読み取る」という読み取りの部分で求められるスキルや力があるのが特徴だと聞きましたが、いわゆる問題作成者とのコミュニケーションじゃないですか。

今津:はい。

馬屋原:コミュニケーションというのはお子さんの成長の段階とか、発達の偏りに左右されるところも結構あるので、やはり、ここで苦労しているお子さん、ここが壁になっているお子さんは少なくないと思うのですけれども、こういったお子さんと向き合い続けてきて、今津室長がどんなことを意識しているのかどんな授業をしているのか、最後はその辺りを聞いていいでしょうか。

今津:はい、そうですね。
本当に、言葉はコミュニケーションの部分で雄弁なお子さんもいれば、いろいろ思っているけれど、外に発信することが難しいお子さんもいる。
その中でとにかくそのお子さんのペースにあわせる、ペーシングというものをすごく大切にしていて、雄弁に話してくれるお子さんに関して言うと「そうだよね、そうだよね」と早口にあわせていって、その子が話している内容を整理していく。
「じゃあ、君がいま言ってくれたことを一言でいうとなにってことかな?」というようにまとめ直す。
そういうアプローチの仕方をする。

馬屋原:よく話してくれるお子さんはどちらかというと発散型のことが多いから、そこをどんどん、テンポやペースをあわせて言葉を出してもらったうえでまとめていくと。

今津:一方で、なかなか自分の言葉を外に出しにくいなら「言葉じゃなくていいから、絵にかいて教えてね」と。
もちろん読解力は大事だと前回話しましたが、一方で、「絵による具体化」「図による具体化」というのも算数は大事なんですね。

馬屋原:図を描く力はひとつ勝負の分かれ目になりますよね。

今津:だから「言葉で伝えられないけれど、絵では伝えられるよ」というお子さんも中にはいるので、なかなか言葉を発しにくいというお子さん、そのお子さんが絵にかいてくれている内容「じゃあ、そこから分かることってなに?」というような、雄弁に話さなくていいから「一言ちょうだい、その絵はあっているから」と言ってあげて、相手が考えていることを、できる限り、言葉以外でも外に出す、アウトプットしてあげるというアプローチの仕方は、授業の中で、特に算数はそれをやりやすい科目でもあると思っていたので、大事な力ではありますし、それを心掛けて指導させていただいていますね。

馬屋原:なるほど。YouTubeではまだあまり話してないと思いますが優位表象ですよね。
どちらかというと、神経科学の世界で使われる。
ざっくばらんに言うと音声情報の方が脳に届きやすいかなとか、図ですよね。
図やイメージの情報の方が脳に届きやすいとか、その辺りってそれぞれ個人差がありまして偏りがあって、子供になればなるほど、その偏りが大きいことってあるんですよね。
そういうのを、私は文系担当なので、国語を担当するときにはできるだけ使っているつもりではいたのですが、そういえば算数担当者がどんな風に使いこなしているのかなって、あんまり聞いていなかったなといま思って新鮮だったんですけれど......あ~、なるほどね。
この話は(視覚優位でも聴覚優位でもない)対感覚(優位のお子さん)とどう向き合うのか。

今津:そうですね。

馬屋原:なかなか厳しいところに落とし込まれるんですけども、お子さんとのコミュニケーション。ちょっと何らかのそういった部分。
この子よく喋る、やっぱり音声でのやりとりの方が頭に入るんだろうなとか、イラストや写真を使ったコミュニケーションの方がよりお互いにスムーズになるんじゃないかというのは、先ほど教えてもらったように、算数指導に、家でのサポートでも役立てられるところはあるかと思います。

今津:はい。

馬屋原:というわけで、あっという間でしたけれども。

今津:そうですね、はい。

馬屋原:ありがとうございました。
今後も、機会もらって来てもらおうと思いますので、引き続き、算数、理科...今月は理科の話はできませんでしたが、理系科目の話もどこかで発信していけたらと思います。

今回はここまでとします、ご視聴ありがとうございました。

動画「読解力が求められる関東の算数にどう向き合うか ~関東と関西の算数の違い④~」まとめ

  • 「言葉のやりとり」や「絵や図」を意識的に使い分け
    子どもの認識タイプに合わせた指導を心がける

次回も、ぜひお楽しみに!

SS-1テラス

同シリーズを順次公開しています。以下ラインナップより、ご覧ください!

中学受験に役立つ動画 最新10件

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
オンライン対応!