• 資料請求のお申込み
  • 学習カウンセリングのお申込み
  • 無料体験授業のお申込み
  • フリーダイヤル0120-079-223

メニュー
SS-1テラス
資料請求のお申込み
資料請求のお申込み

【動画】関西の算数=灘の算数!? ~関東と関西の算数の違い①~

 
カテゴリー:勉強方法 希学園 日能研 浜学園 馬渕教室

SS-1からお届け!中学受験サポートの最前線

関西の算数=灘の算数!? ~関東と関西の算数の違い①~

※文章化にあたり、一部文言を修正しています。

馬屋原:皆さん、こんにちは。SS-1副代表の馬屋原です。
8月の動画ですけれどもSS-1 下北沢教室より、オンライン教室で教室責任者を勤めている今津 貢と一緒に話していきたいと思います。

今週は何の話をしようかというところなんですけれど、今津室長は、関西の指導歴も長いと。私より大先輩なんですけれど...

今津:年だけとってます(笑)

馬屋原:(笑)関西では、大阪谷町教室?

今津:大阪谷町教室と、神戸西宮北口教室で。

馬屋原:長いこと教鞭を取ってまして、灘中学校を中心に、難関校を目指す子達の算数と理科ですね。
その指導をずっとしてきて、ここ数年はSS-1の関東で首都圏の算数・理科を指導しているのですけれども。
ぜひ聞きたいのが「関東と関西の算数の違い」。

今津:違い、はい。

馬屋原:いろんなところで語られるところで、子どもの算数には直接関わるものではないかもしれないですけれど、そこを少し知りたいなという方もいると思いますので、今日はぜひお話を聞ければと思います。

今津:よろしくお願いします。
まず、関西の中学受験と関東の中学受験の違いは、結果は算数の違いにも影響を及ぼしているのかな?という印象があって、どちらかというと、関東は男子御三家、女子御三家と平均的に比べられる学校がある印象だが、関西は灘中学校に一極集中というところがあり、灘にいかに合格させるか、灘に合格させて通わせたいかという親御さんの想いとか塾の関係者の想いが強いんですね。

だから結果的に、関東は4科目受験なんですけれども、関西は未だに、もちろん4科目受けられる学校もありますが、3科目受験が多いイメージです。
その中で、例えば灘中学校は1日目に国語・算数・理科の300点、2日目に国語・算数の200点。
灘自体がどうしても理系教育が際立つ学校なので、それを受けて、そのうち理系科目が500点中300点、6割を占める。

馬屋原:2日間合計で?

今津:合計で。

馬屋原:2日間合計で、500点中300点が理系。

今津:なので、その理系科目をいかに点数取らせるのかというところ、もしくは、お子さんからするといかに点数をとっていくのかというのが勝負の分かれ目になってくる。

馬屋原:そもそも、結果、首都圏の入試でもやはりどうしても算数が強い子が強いという。
構造的にね、どうしても傾向としてはあるんですけれど、まず、比ではないという...。

今津:そうですね。
結局、「合格を分ける科目ってなんですか?」と言われる時に、もちろん数字を見れば分かるんですけれど、算数が、合格者平均と受験者平均が20点違うんですよ。
他の科目は、あって10点程度。
算数が20点なんで、1問7点と考えて、3問多く他の受験者より取ったら合格できますよ 。
だから、算数の正解を増やしたいと考える受験事情というのがベースにあるので、とにかく灘の算数を取らせよう。

馬屋原:まず、第一のニーズがその辺りに来るということですよね。

今津:そうですね。
少し極端な言い方をすると、関西の算数=灘の算数。

馬屋原:力のある生徒さんのレベル。
別に、勉強できる子の面倒が見られる先生=偉いというわけではないじゃないですか、ないわけですけど、それぞれの難しさなんですけど、ただやはり一定数のそのトップクラスの子たちを担当している先生からすると、関西の算数=灘の算数。

今津:...というイメージでなってくるので、灘の算数をどう分解して、子どもたちに指導していけばいいのかというところが、ある意味では、我々講師の腕の見せ所という風な土壌があって、我々SS-1が考えているのはそこだけじゃないけれど、むしろ、それ以外のところが大事だと思っている事が多い。

馬屋原:そうですね。
SS-1はですね、シンプルに、いわゆる関東でも難関校ですね。関東だと御三家のお子さんたちを指導できる先生=講師ランクが高いとはしていなくて、見方によってはよくできる子の対応の方が知識のスキルさえあれば、労力的にはそんなに大変じゃない。むしろ本当に数の概念とか、その辺りから苦労しているお子さんとしっかり伴走できる先生もそれはそれで貴重という考え方をしています。
いますが、それを前提とした上で、まだどう教えられるかというところがかなり大きな価値を持つということですね、わかりました。

なんて話をしているうちにですね、時間になってしまいました。
今回はここまでとして、来週は続きですね。
その灘の算数、いかに指導をしてきたのかという話を引き続き聞いていきたいと思います。

本日はここまでとします、ありがとうございました。

動画「関西の算数=灘の算数!? ~関東と関西の算数の違い①~」まとめ

  • 関西の中学受験における「灘の算数」の存在感は非常に大きい
  • 講師の「腕」は上位層を教えられるかどうかだけでは決まらない

次回も、ぜひお楽しみに!
同シリーズを順次公開しています。以下ラインナップより、ご覧ください!

中学受験に役立つ動画 最新10件

SS-1では、受験情報、学習情報、勉強のしかたのヒントなど動画の配信を行っていきます。
YouTubeチャンネル登録はこちらから。

浜学園生の成績の上げ方はコチラ日能研生の成績の上げ方はコチラ

中学受験に役立つ受験情報を配信中。
タイムリーな情報をいち早く受け取りたい方は、メルマガ登録をご利用ください。

中学受験情報をお届け 読んだその日から役に立つ受験情報を毎週配信中。

SAPIXのクラスを最短で上げるには? 
成績を上げる学習法を知りたい!

中学受験専門個別指導教室20年のノウハウが詰まった無料メールマガジン『Challenge Eyes』のご登録はこちらから
[携帯・スマートフォンをご利用のお客様へ]
迷惑メール対策としてフィルタリング設定をご利用の場合は、ss-1.netドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
オンライン対応!